栄養士かめ子の、食べ物とそのまわりの話

20代栄養士のブログ。糖尿病予防。元OL栄養士。ベビーからシニアまで、スポーツ栄養も含めて勉強しています。健康であることに感謝し、健康な人に生活習慣病にならない食べ方を伝えたい。たまに、サッカー(トリサポ、鹿サポ)、野球(YSファン)のことも書きます。

うちの味噌汁。

突然思い立ってブログとツイッターを開始しました。味噌汁の写真を載せてみたので、味噌汁のこだわりを綴ります。

以前は味噌汁をはじめ、汁物を家ではあまり作りませんでした。それは私の経験から導き出された結果でした。

外食するとよく味噌汁が付いてきます。ほとんどは野菜が少しだけだ入った、液体がメインのもの。液体の味はとっても美味しいんです!でも私は具だけ食べて汁は残してしまう事が多かった。そんなに少食では無いとは思うのですが、汁まで飲みきってしまうとお腹はパンパン。いつもご飯やおかずを食べて汁物の野菜を食べて、それでもお腹に余裕がある時だけ飲むようにしていたのです。それに、大学では、散々、食塩摂取量について学んで来ました。毎日栄養学の勉強ばかりしていると、味噌汁を目の前にすると、「食洗摂取量は増える、お腹一杯になってご飯が入らなくなる」というだけの液体を摂る意味を考え始めたのです。

勿論、汁の味は大好きです。だから本当は美味しく頂きたい!ここから私の味噌汁改革が始まりました。

夫婦2人暮らしですが、フルタイムな共働き。朝はパンやヨーグルトで簡単に済ませ、昼は外食や買った弁当。だから私は自宅で食べる夜ご飯で、しっかり野菜を摂りたいと考えました。じゃあ、汁物に入れればいいじゃ無いか!働きながら、ご飯の献立を立てるのは大変なこと。でも、1品は味噌汁と決めておけば負担が減ります。それに同じ味噌汁でも野菜の組み合わせは無限大!いつもの食事に季節感を出すことも出来るのです。また、味噌汁をおかずと考え、たっぷりの野菜を入れることは、液体の部分を減らすことにつながり、それは味噌汁の問題点である塩分を抑えることにも繋がるのです。このようにして、私は味噌汁の弱点を克服しました。勿論、主菜や副菜にも野菜は使いますよ!

テキトーに余り物の野菜を入れる日もあれば、この野菜が食べたい!と気合を入れて作る日も。用意した野菜が少なかったかな…?と思ったら、冷凍庫に常備してある、なめこ、えのき、ねぎなどを追加する日もあります。

1日の野菜の摂取量は350グラムを目指しましょう!と言われています。興味本位で入れる野菜の量を計っていますが、味噌汁1杯で100グラムを目標にしています。野菜は生食と加熱をうまく組み合わせて食べることが大切だと思っています。

以上、ありきたりな味噌汁にスポットライトを当ててみました。