栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

本の感想「血糖値スパイクから身を守れ!」

私は、一番なりたくない病気は糖尿病。食事と糖尿病との関係をわかりやすく書いてあり、病気の知識がない人でも分かる本はないかと思っっていたところ、この本を見つけました。

読んでみると、NHKの番組をまとめたものだけあって、とても分かりやすい!糖尿病ではなく、血糖値スパイクがテーマなんだけど、実は糖尿病の前段階。そう言われると、とても身近に感じるし、皆さんが興味を持ちやすいのではないかと思った。血糖値が高いという状況は糖尿病と似ているため、対策は一緒。この本にはとっても分かりやすく対策が書いてあります。 まるで教科書のよう!私は糖尿病の怖さを広く知っって欲しいから、何が怖いのか、食事はどうしたら良いか、など色々発信しているけど、この本を読んでもらえればそれだけで大体理解できてしまうので、私は必要ないのではないかと思いました(笑)。

糖尿病の治療食って糖質を制限すると思ってる方もいると思うけど、実はそうではなく、治療食は「バランスの良い食事」。糖質の過剰は高血糖の原因になりますが、生きるために必要なエネルギー源なので、適正な量を摂取する必要があります。もし仮に病気が進行して糖尿病性腎症を発症してしまえば、そこにタンパク質制限が加わる。すると、食べられるものは一気に少なくなる。また、透析をしなければいけなくなったら、更に食事制限は厳しくなり、患者さんのQOLは一気に低下する。一週間に何度も、拘束時間の長い透析。更に、透析後は血液が一気に入れ替わるので、倦怠感を感じる方もいるそう。一気に透析に支配された日々になってしまいます。実は、とても辛いんです。だ、か、ら、こ、そ、健康体のうちに、その恐ろしさを知って、そうならないように気をつけて欲しいと思うんです。

読んで欲しい!と思うと同時に、読んでくれる人は意識の高い人で、本当に情報が必要なのは読んでくれない人だよな…とも思います(笑)そんな方にも届くように、私は情報発信していきたいと思います。