栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物の話〜

栄養士かめ子です。スポーツ栄養士を目指して勉強中。

本の感想「食おいしい は 愛 うれしい」

この本に出会ったのは偶然。インターネットで面白そうな本はないかと調べていたところ、関連書籍として出てきました。タイトルだけ見てむむっと思い、「ジャケ買い」してしまった!

関西を中心に展開しているスーパー「Pantry&Lucky」。添加物なし、厳選素材。大変恥ずかしいことに、この本に出会うまで私はこのスーパーのことは知らなかった。しかしこの本を読んで、このスーパーに行ってみたいと強く思ったのです!

最近、消費者の食に対するこだわりもどんどん強くなってきて、食品会社もそんなお客さんに合わせて商品を展開をしているように感じる。しかし、(私の傾向だが)カタカナの化学式の添加物は気になっても、漢字の表記には鈍感だったりする。しかし、このスーパのこだわりは私のような生ぬるいものではなく、添加物を一切使用しないという商品もあるのだ。本文中におにぎりの原材料が出てきたが、スーパーで手に入るおにぎりに添加物の使用が一切ないことに驚いた。また、チョコレートは乳化剤がないと固形にならないと聞いたことがあり、乳化剤を使用しないということは正直信じられなかった…。

書店に行くと、添加物の危険性を煽るような本を沢山目にします。しかし、私は食品添加物が必ずしも悪だとは思いません。私達は食品添加物の恩恵を受けているのも事実。少し前までフルタイムで働き家事をこなす生活をしていました。疲れ切って時間もない中、夕食を作るのは面倒でした。しかし、この生活を継続できたのは、保存性の高い食品がお手頃価格で豊富に手に入る現代だったからだと感じています。夫婦がフルタイムで共働きする時代。本当は自宅で一からグツグツ作るのが良いんでしょうが、時間的にも体力的にも限界です。だから、お弁当やお惣菜ありがたく食べてました。そんな時でも私は、スーパーで品定めをするとき、必ず原材料表示を見ます。添加物イヤダって意味ではなく、それは、この食品がどうやって出来ているのか、どうして美味しいのか、どうしてこの値段なのか(高いのか、安いのか)疑問を持つからです。栄養士になってから、見るようになりました。しかし、一般の消費者の方々は、あまり添加物の事を知らないのでは?と感じることも。口にするものなのに、興味ないのかな…?と思う。添加物容認派にせよ否定派にせよ、自分の体に入れるものの知識を持っていることは大事なことなのではないでしょうか。

話を戻します。発色剤の入っていないハムやソーセージは色が悪いって言うけど、写真で見ると私はそんなに悪くは感じない。でも、やっぱり賞味期限は短くお値段高め…。日々の食品を全て、完全に添加物なしのものにするのは経済的に大変です。それを踏まえて、自分に合うものを選べば良いのです。添加物が嫌なら入っていないものを買うか手造りすれば良いし、気にならないなら気にせず買えばいい。これらをうまく組み合わせるのも有りですね!それにしても、巻末資料の「高級スーパーマーケットB」が気になる。

パントリーのお店に行ってみたい!と思ったところ、残念…!関東には1店舗しかない。その1店舗も気合いを入れないと行けない距離だ…!本を読んで気になった商品が沢山。買いに行けるかしら。秋に大阪に行く予定があるので、お弁当を買ってみよう!普段私が口にしている食品と味が違うのか?それとも舌が安いので、私にはわからないか?いずれにしても楽しみです。