栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

レンチンそうめん。粉ミルクと液体ミルク。

引越ししました。私のミスにより、数日間ガスが使えない生活をしました。こんなにも、ガスに頼っていたのか…ということを思い知らされました。

昨日の夜の出来事。使える加熱方法は電気ケトル、魚焼きグリル(けむらん亭)、電子レンジくらい。前日はお惣菜を買ってきたんだけど、お惣菜って、揚げ物になりがち。違うものが食べたいな〜。そういえば、最近パスタを電子レンジで加熱して調理する、タッパーみたいなのあるな!パスタにするにはソースもレンチンになるのでたいへんだけど、同じやり方でそうめんも茹でられるんじゃない!?そうめんって茹で時間短いし、レンチン加熱でどうにかなるんじゃない!?って事で夜ご飯はそうめんに決定!

まず、電気ケトルで熱湯を沸かし、耐熱のどんぶりに投入。そこにそうめんを入れる。すぐに柔らかくなり始める。箸で軽くほぐして、電子レンジにセット。加熱時間は、うーん、1分半!適当!取り出して冷水で締める。加熱途中にほぐしていないので、少し麺が固まっている箇所もある。鍋で茹でるのと、違うような、違わないような。果たして食べられるのか?

 

食べてみると、案外普通でした。でんぷんがα化されているのか心配でしたが、旦那様も私も、お腹を下していないので大丈夫だったみたいです。

ガスが使えないという状況で、西日本で発生した災害のことが頭をよぎりました。ガスが使えないだけで、こんなに苦労した私。断水、電気も止まってしまったら、生き延びられるのだろうか。被災された方の苦労を想像するだけでクラクラしそうです。同時に、災害への備え、食料は調理が不要なもの、水だけでどうにかなるものを備蓄しておくこと大切さを感じました。少し前まで、赤ちゃんの粉ミルクに関わる仕事を、栄養士としてしていました。粉ミルクは免疫力の弱い赤ちゃんに飲ませるため、水の消毒と粉ミルク自体のサカザキ菌のリスクをなくすために一度沸騰させた70℃以上のお湯で調乳することが決まっています。最近話題となっている、液体ミルク。封を切ればそのまま使用可能。運搬コストがかかるのが難点ですが、災害時は役に立つと思います。期待しています!