栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物の話〜

栄養士かめ子です。スポーツ栄養士を目指して勉強中。

魚の日が楽になる「けむらん亭」のゴリ押し。

シャイボーイでサプライズなんか大の苦手な旦那様。でも、毎年誕生日プレゼントは頑張ってくれます。今まで貰ったものは、ル・クルーゼの鍋、ブルーレイレコーダーなど、私がちらっと言ったこと覚えていて、びっくりするものを用意してくれています。そして今年のプレゼントは、「けむらん亭」というものでした。魚焼きグリルのようなロースターなのに、燻製も作れるという商品です。アメトークが大好きで毎回見ているのですが、家電芸人の回でこの商品を見て妄想を膨らませ、私のテンションが上がっていたのを覚えていてくれていました。

燻製用のチップも買ってくれており、何を燻製にしようかなーと盛り上がっていたのですが、余計なことを思い出してしまいました。栄養士の学校で燻製で生じる有害物質について学びました。何種類もの有害物質ができてしまうんですねー。それで一気にやる気喪失。せっかく買ってくれたのにどうしよう、と思っていたのですが、実はこいつはとっても便利なことが判明しました。

今まで魚を焼くとき、キッチンのコンロの下についたグリルを使用してました。しかし、とっても不便で。洗うのが大変、時々焼け具合を見ないとすぐ焦げる、おまけにグリルの火を使っていると、二口あるガスコンロの火が一口しかつかないのです(衝撃)。グリルで焼くのが嫌でフライパンで焼いてみると、焦げ付いて身がほぐれたり。ストレスでした。

それでけむらん亭で魚の西京漬を焼いてみました。すると。モードを選ぶと加熱時間は自動で設定してくれる!毎回自動で焼いていますが失敗はありません。その間放置して、他の作業できるんです。そして、当然、けむらん亭使用中はガスコンロ二口使用できる!煙が出ない!魚を何度も焼いていると臭いが気になってきますが、クリーンモードが付いており、きちんと臭いが取れる!と、メリットばかりではないか!

魚を焼くだけに使用するのでは場所も取るし割りに合わないと思ったら、やってみるとトーストも問題なく焼けるし、私はトースターとしても使用しています。よくやるピーマンにしらすと適当なソース、チーズを入れて焼くやつもけむらん亭を使用しています。

こんなわけで、けむらん亭くんはすっかりキッチンでの地位を確立しました。個性的な家電って、面白いと思ってもその時だけで、買っても飽きて終わりなイメージでした。しかし、これは本当におすすめ!燻製マシーンとしては使ってませんが(笑)、旦那様に感謝です。