栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物の話〜

栄養士かめ子です。スポーツ栄養士を目指して勉強中。

砂糖の代わりにエリスリトールを使っておやつを作る。

注文していてやっと届いた甘味料、エリスリトール。デザート作りに使用しました。エリスリトールという謎の物体を買うに至った経緯をまとめます。

まず、どうしてエリスリトールを使おうかと思ったかというと。第一に血糖値を考えて、です。甘いものは好きなので、、毎日何かしらおやつを食べます。しかし、おやつのタイミングで血糖値を上げたくない。だから、砂糖の代わりに使用出来るカロリーの低い甘味料を探していました。そして、たくさんある甘味料の中でどうしてエリスリトールにしたかというと、天然にも存在する物質であるということと、市販の焼き菓子にも使用されており加熱しても大丈夫そうだということです。

ここで、エリスリトールについて少し。難しい話ですが、エリスリトールは糖アルコールの一種なので炭水化物ではあるんですが、腸で吸収した後に代謝されず排泄されるため、血糖値に影響しないと言われています。代謝されないということは、エネルギーにもならないということ。甘いものが好きですが、血糖値も気になる私にぴったり!

初めて作ったデザートはコーヒーゼリー!初めてなので、恐る恐る、使用量は控えめです。

コーヒー150mL

エリスリトール10g

棒寒天2.5g(水でふやかして絞っておく)

これを鍋で溶けるまで温め、寒天の溶け残りをこして固めるだけ!とっても簡単!

クリームをかけて食べてみると、甘さ控えめで美味しかった。次はもう少しエリスリトールを多くしても良さそう。多く入れすぎるとお腹が緩くなる場合があるので注意です。これはキシリトールのガムなんかと一緒ですね。でも、10gって秤で測ると結構な量でビビった。お砂糖だったら入れるのを躊躇してしまいそうな量です。お砂糖じゃなくてよかった。

実際に血糖値を測ったわけではないので、本当に砂糖をエリスリトールに置き換える意味があるのかは分かりませんが、甘い物好きの私のお助けアイテムになりそうです。