栄養士かめ子の、食べ物とそのまわりの話

20代栄養士のブログ。糖尿病予防。元OL栄養士。ベビーからシニアまで、スポーツ栄養も含めて勉強しています。健康であることに感謝し、健康な人に生活習慣病にならない食べ方を伝えたい。たまに、サッカー(トリサポ、鹿サポ)、野球(YSファン)のことも書きます。

きゅうりって栄養ないの?

「きゅうりは栄養がない!水だけ!」という話をよく聞きます。本当でしょうか。今日はきゅうりの栄養成分を見てみたいと思います。

食品成分表から、きゅうりの栄養成分の数値をいくつかピックアップします。自宅にあったきゅうりの重さを測ったところ、100g前後でした。なので100g当たりの数字にします。他の野菜もあった方が比較できるので、適当に人参、小松菜の可食部の数字も書いておきます。

きゅうり エネルギー 14kcal

                カリウム     200mg

                カルシウム  26mg

                βカロテン   330μg

                葉酸             25μg

               ビタミンC    14mg

人参        エネルギー  36kcal

                カリウム     270mg

                カルシウム  26mg

                βカロテン   8300μg

                葉酸            23μg

               ビタミンC   6mg

小松菜     エネルギー 14kcal

                カリウム     500mg

                カルシウム  170mg

                βカロテン   3100μg

                葉酸            110μg        

               ビタミンC    39mg

こうして書き出して見ると、人参といえばβカロテン、小松菜といえばカルシウム、その通りだなと思いました。それに比べてきゅうりは特徴がない印象。でも、よくみて見るとβカロテンやカルシウムは劣るけれど、それ以外のビタミン、ミネラルではそんなに負けてない栄養素もあることが分かります。つまり、きゅうりは特定の栄養に偏ることなく、色んな栄養素が満遍なく入っている野菜と言えると思います。何より、水分が多いということは、汗をかく夏の暑い時期に食べるのには嬉しいことじゃないでしょうか。美味しくて中華風の味付けがよく合うきゅうり。栄養ないなんて言わないで…!美味しくたべて欲しいものです。