栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

野菜を丸で買う。

私には6つ下の弟がいます。大学生の一人暮らし。一人暮らしを始めるまでは料理の経験もなく、電子レンジも使えなかった(母が電子レンジの使い方を丁寧に書いた紙を貼ってたな…笑)。そんな弟、平日は夜ご飯を学食で済ませることが多いようですが、土日はそうもいかない。また友達とタコパすることもあるので、たまには野菜を買ってくる様子。

この間話していると、半分のキャベツを買った、と言っていた。私だったら絶対に買わないな〜と思って、丸のを買えよ〜と言ってしまった。なぜなら、断面がすぐに黒くなってしまうから。それなら、大きいけど一個丸ごと買った方が、長く使える。今日は少ししか使わないと思っても、丸で買う。それに、どんな包丁で切ってるのか、断面が気になる。断面を削がないと気が済まない。と、偉そうに言っていますが、私も自炊を始めた頃は半分のを買ってました。経験して学んだのです。

同じような理由で、白菜も相当場所をとりますが丸で買います。でも、スーパーでは1/2とか、1/4とかにカットされたものばかりですよね。探して探して、買います。八百屋さんだと聞いてみると奥から出してくれたりします。また、最近はミニ白菜っていうのがあって、これだと丸で売ってますね!

キャベツにしても白菜にしても、一個丸ごと買うとき、値段を見て高っ!と思うことがあります。でも、私の印象ですが、剥がしても剥がしても葉っぱが出てくるのでなかなか使い切れず、長持ち。結構コスパ良い野菜!って思っています。小松菜が150円、キャベツが200円で売ってたら小松菜買っちゃいそうですが、あれ?実はキャベツのほうが安い?と思います。

 

今日は味噌汁にキャベツを使いました。買ったばかりの外側の葉、1枚でもかなりカサがあります。1、2枚剥がしたくらいじゃ全然小さくならない。先は長い!