栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

青汁の選び方。

今まで、「青汁」というものには無縁の生活をしていました。皆さんはどうして青汁を飲むんでしょうか?野菜不足や食物繊維を補うため?サプリメント代わり?私は全く興味がありませんでした。しかし、祖母からもらったので飲むことになりました。ついでに青汁について色々調べ、どんなものを選べば良いのか考えてみました。

私が飲んだ青汁は、1回分のカロリーが11kcalくらい、炭水化物が1g未満、食物繊維が1.4gほど、そのほかにビタミンやミネラルの含有量もずらーっと、書いてあります。

甘みはなく、第一印象は「味が無い」。匂いはします。抹茶みたいな、草みたいな。青汁というとまずいもののイメージでしたが良い意味で裏切られました。にがーい、まずーい、かと思っていましたが、ゴクゴク飲める味でした。味が無いとは悪口のように聞こえますが、これがポイントだと思います!青汁の中には糖やフルーツを加えて甘みを足し、「飲みやすい」ことをアピールしているものがあります。そういうものでもビタミンやミネラルは摂れるとは思いますが、糖質が多いことがあります。それだとジュースと一緒です。飲みやすい、には注意です。健康のためと思って続けていた青汁が、ジュースと同類だった…なんてことは避けて頂きたい。ただ、フルーツ入りでも糖質が少ないものもあるようです。パッケージの数字をチェックして下さいね!

また、サプリメントと同じで栄養制限がある方も注意が必要です。青汁を摂る目的の一つは、ビタミンやミネラルを摂ることだと思います。腎臓病でのカリウム制限、服薬でのビタミンK制限などがある方は注意が必要です。また見落としがちなのは、妊婦さんのビタミンAの過剰摂取です。いずれにしても、青汁の種類によって、飲む量によって、その他のお食事の内容によって人それぞれなので、一概に言うことはできません。

せっかく飲むなら、体に良い方向に働いて欲しいものです。買う前に必ず、パッケージの数字をチェック。習慣にしたいものです。

最後に大前提として、食事で必要な栄養が摂れるなら青汁も含め、サプリメントなんて摂らなくていいんです。まずは食事のバランス。この大前提を忘れないで欲しいです。