栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物の話〜

栄養士かめ子です。スポーツ栄養士を目指して勉強中。

朝食欲がない人へ。

朝って時間がなくて、寝起きの体で食欲もない。朝ご飯を食べずに1日をスタートさせる。そんな方もいると思います。そして、朝食食べた方が良いよ…っていうアドバイスは耳にタコができるほど、されてきたのではないでしょうか。食べれたら食べてるよ!って話です。そんな方は、「バランスの良い朝食を〜」何て言われても、はぁ?って感じだと思います。

私も少しだけ気持ちが分かります。食欲はあるのですが、時間がない。朝からまな板やガスを使って調理する余裕があるなら、1分でも長く寝ていたいんです。

でも、朝食を食べることに色々なメリットがあるのは事実です。調べればいくらでも出てくるので触れませんが、栄養士としては、(自分で実行するのも難易度が高いことではありますが)朝食は食べて欲しいです。

じゃあ、どうすればいいか。まずはじめは何でも良いと思います。固形物を受け付けないなら、オレンジジュース、できればタンパク質を摂ってほしいので、牛乳やカフェラテ。運動する人が使うプロテインでも良い。フルーツだけでもヨーグルトでも良い。何なら胃に入るか、探してみてほしい。それを続けてみて慣れて来て次行けるかな!?って思ったら、もう少し良くしてみる。急にバランス良くなんて言われても出来るん訳ないんだから、一段一段階段を上る、だと思います。勿論、既にしっかり食べている人が階段を下りる必要はありません。

朝から理想的な食事ができれば良いですが、正直、「伝統的な和定食」みたいな食事にする必要は無いと、個人的には思っています。理由は、手間がかかることと、朝から味噌汁、漬物、鮭の塩焼きと食べていると、1日トータルの食塩摂取量が心配だからです。ちなみに、うちの朝ごはんは「パン+フルーツ入りプレーンヨーグルト」が基本ですが、理想としてはそこに野菜サラダか野菜スープを加えたいです。ですが、その手間をかける余裕がないし、今のところ今以上にやる事を増やす予定はありません!代わりに、野菜そのものを食べることには及びませんが青汁を飲んでいます。

その人の生活リズムにもよるとは思いますが、朝は、手軽でもいい!堅苦しく考えず、今朝食抜きの人は、「何でも良いから食べる!」から初めて欲しいのです。