栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物の話〜

栄養士かめ子です。スポーツ栄養士を目指して勉強中。

見えない菌が怖い②

昨日、自宅の料理で食中毒にはとても気を使っているという話をしました。

eiyoushikameko.hatenablog.com

 

記事をアップした後に、あれもこれもと思い出したことが沢山あって、続編をまとめました。

 

まず、ハンバーグとかつみれとかどうやって作るの?という話です。結論から言いますと…最近は作ってません!前は作ったこともあったのですが、やっぱり色々気になるので作るのやめました。素手で混ぜるのはもちろん嫌だし、だからと言ってビニール手袋を付けて混ぜるのはやりにくい。生肉を入れたボールをどうするのか!?って問題もあります。どっかに生肉に触れた手などが当たってるかも、と思うと、美味しく食べられません。ひき肉のかけらが、ぽろっと落ちるのも気になる。結局、ハンバーグは美味しいものを外で食べることにしました!(神経質すぎますかね?)

あと、生の食材が触れた部分には熱湯をかけると書きました。トレーなんかは捨てるだけなので良いのですが、調理器具などは少し注意が必要です。それは熱でタンパク質が変性し固まって、こびりついてしまうから。そうなってしまうと、洗っても落ちず、逆に不衛生なことになる可能性もあるので注意が必要です。

最後にですが、生の食材を使った時に限らず、私はしょっちゅうシンクに熱湯を流しています。わざわざシンクに流すために沸かさなくても、レトルト食品を温めたお湯など、勿体無いとは思わずに、安全のためと思って流します。

とりあえず、追加で思いついたことはこれくらいかな!また、続編にできることを思いついたら、書こうと思います。