栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

私流、パスタの食べ方。

パスタ。スーパーに行くと色んな味のソースが売っています。レトルトのもの、加熱せずにそのまま麺と混ぜるもの。とっても便利です。簡単に済ませたいご飯にも、とても便利です。

でも、栄養士としては、食事を既製品のソースで麺を和えただけのもので済ませてしまうのは、ちょっと待った!と言いたいところです。炭水化物が多く、タンパク質と食物繊維(野菜)が圧倒的に少ない場合が多い。

これは、私が会社員だった頃にも悩ましいところでした。飲食店のランチでパスタってよくあるじゃないですか。それで十分お腹いっぱいになる量なんだけど、ソースに具はちょっとだけ。ほとんど麺。頭の中の栄養士の知識が「それでいいの?」って言ってきます。だから、今でも、私は外食ではあまりパスタは選びません。

でも、自宅で調理すれば、そのデメリットを極力小さくできます。卵や鶏肉を加えたサラダを添えても良い。私はパスタの麺に野菜を仕込んでしまいます。玉ねぎならスライスしてレンチン、豆苗やほうれん草なら麺を茹でる鍋に一緒に入れてしまうのです。仕上げに卵を添えることも。野菜の分、麺の量を抑えることが出来るので、摂取カロリーも減らすことができます。パスタのソースで野菜を美味しく食べられます!

本当は全部手作りできれば理想なんですけどね。でもあくまでも、それは「理想」。実行できないことを提案しても、栄養士として意味がないと思っています。

一人ご飯の時にも便利なパスタ。一人だから手抜きになりがちなんだけど、でも、ちょっとした工夫で、栄養バランスを整える。簡単に済ませたい時こそ、気をつけたいことです。