栄養士かめ子の、食べ物とそのまわりの話

20代栄養士のブログ。糖尿病予防。元OL栄養士。ベビーからシニアまで、スポーツ栄養も含めて勉強しています。健康であることに感謝し、健康な人に生活習慣病にならない食べ方を伝えたい。たまに、サッカー(トリサポ、鹿サポ)、野球(YSファン)のことも書きます。

トクホのお茶を飲んでみた。その感想と栄養士として思うこと。

こんばんは、栄養士のかめ子です。

コカ・コーラのお茶「綾鷹」に、トクホバージョン「特選茶」が新たに発売されました。どこのスーパーでも、大きく陳列していて、気合い入ってるな…と思っていました。栄養士としては、どこがトクホなのか、普通の綾鷹と違うのか。また、お茶のトクホといえば特茶のイメージが私は強いのですが、特茶みたいに普通のお茶より苦めなのか(私は好きな味です)など色々気になってました。店頭で手に取ってみるも、さすがトクホ。記載事項の決まりが沢山あり、パッケージに文字が沢山で、インプットしきれません!味も気になるので買ってみることにしました。
早速、パッケージを読んでみると、普通のお茶との違いは、難消化性デキストリン、つまり食物繊維が加えられていること。これによって、食事と一緒にこの茶を飲むと、脂肪や糖の吸収を穏やかにする働きがあるとのこと。要は、私や私以外の栄養士が、「血糖値や血中中性脂肪の急上昇を防ぐために、まずは食物繊維を多く含む野菜から食事を始めましょう」と言っているのと同じということです。
飲んでみると…普通のお茶と変わりない。難消化性デキストリンは味や匂いがほとんど感じられないという特徴があります。
トクホは認定されるまでに長い道のりがあります。本当に働きが期待できるのか、実際の商品で研究を行い個別審査を行った上で認定されます。HPをみると簡単に研究内容が載っていました。血糖値の方の研究に注目しますが、この研究、パッケージに書いてある「食後の血糖値が気になり始めた方」を対象にした調査なんでしょうか?普通のお茶の群、食後血糖値が160mg/dL超えてるぞ…!?あと研究時の食事の内容が気になります。
 
ここまでが綾鷹特選茶の感想です。私も栄養士の学校に通っていた時に、実験で食物繊維と血糖値の関係を調べたことがあります。だから、食物繊維を摂ることで、血糖値の上昇が緩やかになることは身をもって体験しています。多くの栄養士が私と同じ体験をしているからだと思うのですが、栄養士とご飯に行くと、野菜から先に食べる人が多いです。そういう意味で、「食物繊維入りのお茶」が気軽に手に入ることは健康管理のために、良いことだと思います。
しかし!本当は野菜を食べて食物繊維を摂れば何も問題はないのです。そうすれば野菜から、食物繊維と同時にビタミンやミネラルを摂ることもできます。これを忘れないで欲しいです。トクホの商品には必ず、「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを。」と書いてあります。食事で野菜が摂れる時はそれが一番、外食や時間がない時などどうしても野菜が十分に摂れないだけ頼る、くらいの気持ちの方がいいんじゃないでしょうか、というのが栄養士としての、私のホンネです。