栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物の話〜

栄養士かめ子です。スポーツ栄養士を目指して勉強中。

「食物繊維レタス◯個分!」のレタスの食物繊維ってどれくらい?

f:id:eiyoushikameko:20181111195100j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。今日の夜ご飯はタコライスでした。

よく、サプリメントのCMなどで、「レタス◯個分の食物繊維!」って言う謳い文句、聞きませんか?何だかすっごい大量の食物繊維が摂れそうな気がしますが、私は、それを見ると、はいはい、またか!と思います。

というのは、実はレタスには食物繊維があんまり入っていないんです。100g当たりで、1.1g。昨日私が買って来たレタス(一番最後にTwitter貼ってます)は1個342gだったのですが、このレタス1個でも3.8gという計算になります。実はあの謳い文句は、食物繊維がたくさん入っていると見せかけるためのものだったということです。

じゃあ、主な成分は何なのかというと、水分です。食品成分表によると95.9g /100g。ほとんど水分なんです。実はこの食物繊維と水分の量、とても近い野菜があります。それは「きゅうり」です。他の栄養素を見ても、注目するほど差のある栄養素はありません。「きゅうりは栄養がない!?」みたいなことが言われるたびに、それならレタスはどうなるんだ!と心の中で思っていました。きゅうりについては過去にブログに書きました。レタスも同じように、水分が多い、というだけで、栄養がないということではありません。

eiyoushikameko.hatenablog.com

 

ほとんど、水分、でエネルギー(カロリー)になる栄養素もごく僅かなので、エネルギーは12kcal /100gと、とても少ないです。カロリーが低く、ビタミンやミネラルをバランスよく含んでいるため、摂取エネルギーを抑えたい時の食事にうまく取り入れると良いと思います。また、水分が多いというのは良いことです。例えば、脱水になりやすい夏の暑い日なんかは、食品から水分が摂れるというのは、とても都合が良いことだと思います。

レタスは、サラダにしたり、主菜に添えたり、とても使いやすい野菜です。食卓に彩りを加えてくれます。その特徴を知った上で、うまく食卓に取り入れていきたいと思います。