栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物の話〜

栄養士かめ子です。スポーツ栄養士を目指して勉強中。

レタスには食物繊維が少ない、ではレタスの仲間たちの栄養は?

こんばんは、栄養士のかめ子です。

昨日のブログで、レタスには食物繊維が思ったより入っていないということを書きました。

eiyoushikameko.hatenablog.com

そうすると、次の疑問が湧いて来ました。「レタスの仲間の野菜はどうなんだろう?」という疑問です。そこで、レタスと形状が似ていたり、同じような用途で使われる野菜について、いくつか食品成分表の値を調べてみました。

今回、ピックアップした野菜は、サラダ菜、サニーレタス、サンチュの3種類です。すると、私的には、とーっても面白い、結果になりました。

まず、3種類とも、普通のレタスより水分が少なかった。普通のレタスが95.9g/100gのところ、3種類とも94g台でした。これは実際に食べても感じるところではないでしょうか。1%程度の水分含有量の差でも、結構差を感じますね。そして、ビタミン・ミネラルは3種類とも普通のレタスより多い傾向にありました。全部書きたいけれど、書くとキリがないので、特に差のあったβ-カロテンだけ書きます。

レタス 240μg/100g

サラダ菜 2200μg/100g

サニーレタス 2000μg/100g

サンチュ 3800μg/100g

桁が違います!サニーレタスは色の濃さから何となく納得できますが。3種類とも、緑黄色野菜の基準(600μg /100g)を超えていました。最初、差がありすぎて見間違えたのかと思ったのですが、見間違いではないみたいです!そして、食物繊維の量。レタスは1.1g /100gでしたが、今回調べた3種類は1.8g /100g〜2.0/100gとレタスより多いことが分かりました。カロリーにはほとんど差がなく、まとめると「普通のレタスより水分が少ないぶん、ビタミン(特にβ-カロテン)・ミネラル・食物繊維が多い!」という結論です。

私的には、差がはっきり現れて、面白い!と思ってテンション上がったのですが…どうでしょうか?気持ち悪いですね(笑)

Twitterには何度か書きましたが、サラダ菜やサニーレタスは、主菜や副菜の下に添えると見栄えが良くなり、お惣菜を買って来た日には罪悪感も減るため(笑)、常備している野菜たちです。今後も頻繁に食卓に登場するであろう野菜のことが分かったので、調べてみて良かったです。また、最近、店頭でのレタスの種類が増えているように感じます。オシャレにカールしたものなんかもありますね!食品成分表に掲載されているものは限られていたのですが、他のレタスたちの栄養価も気になるところです。

 f:id:eiyoushikameko:20181112155747j:plain