アスリートをサポートする栄養士の日々。

スポーツ栄養士の日々の記録。

キャベツの食物繊維。

f:id:eiyoushikameko:20181125132209j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。写真はいつか作った、キャベツと卵とモッツァレラチーズを炒めたもの。

先日、レタスの食物繊維について、ブログで書きました。

eiyoushikameko.hatenablog.com

レタスは食物繊維があまり多くないっていう話です。それで、ふと、キャベツはどうなんだろう?と、思いました。味は全く違うけれど、形が似ていたり、おかずに添えられるように似たような役割で使われたり、なんだか似ている点が多いなと思ったのです。

早速食品成分表で調べてみました。同じ重量で比べてみると、食物繊維量は、

レタス     1.1g/100g

キャベツ 1.8g/100g

なるほど。同じ重さを食べるなら、キャベツの方が食物繊維は多く摂れます。ちなみに、小松菜もキャベツと同じくらいの食物繊維量でした。

じゃあ、レタスよりキャベツの方が良いかというと…。栄養素によってはレタスの方が多く含まれているものもあります。β-カロテンなどは、レタスの方がキャベツより多い栄養素で、5倍近い差がありました。

つまり、どちらにも強みがあれば弱点もあるということ。結局いつも言っている、「色々なものをバランス良く食べましょう」に落ち着いてしまいます。

また、以前のレタスのブログ記事に関連して。キャベツ1個の重量は、レタスより重い傾向にありそうです。葉っぱもギュッと詰まってますしね。同じ重量で比べてキャベツの方が食物繊維が多い上に、1個当たりの重さも重いので、「キャベツ1個分の食物繊維」は、「レタス1個分の食物繊維」よりかなり多くなりそうです。だから、「キャベツ◯個分の食物繊維!」という表現は見ないのかも知れませんね(笑)。

 

話は脱線しますが、キャベツはスーパーに行くと半分にカットされて売られているものがありますね。その日に使ってしまうならそれでも良いんですが、すぐに断面が黒くなってきます。以前ブログにも書きましたが、私のオススメは丸のままのものを買うこと!そうすると結構長持ちするので、慌てて使わなくて良くておすすめです。白菜も一緒です。一人暮らしであまり沢山は使わないのでカットされているものを買っている方も、是非一度、「丸買い」をやってみて下さい♪