アスリートをサポートする栄養士の日々。

スポーツ栄養士の日々の記録。

《雑レシピ》アレンジ可能な豚バラ大根。

f:id:eiyoushikameko:20181130144454j:plain

こんにちは、栄養士のかめ子です。昨日の夜ご飯は豚バラ大根でした。簡単で、他の材料でアレンジ可能で、一品で主菜兼副菜になる。とてもありがたい料理です。テキトーにレシピをまとめておきたいと思います。

早速、始めます。うちの2人分の、実際に昨日作った分量です。

 

①フライパンに油を熱し、肉を焼く。昨日は豚バラ170g使用。豚ロースでも、鶏肉でもOK。ただし、豚バラは脂が出てくるので、入れる油は少なめで良い。

②肉に火が通ったら取り出す。私は生肉を包丁とまな板で切るのが嫌なので、取り出した後、ここで肉をカット。(ちなみに生肉が入っていたトレーは熱湯をかけた後に洗って回収に出す。)

③大根200g(大きさによって半月切り又はいちょう切り、厚さ5mmくらい)をフライパンに入れて加熱、火を通す。肉の旨みを染み込ませる!

④火が通ったら肉をフライパンに戻す。だし汁(又は水)50mlくらいと、みりん醤油をそれぞれ大さじ1弱加える。

⑤煮汁が殆どなくなるまで、時々混ぜながら加熱。ゆで卵を入れて一緒に煮ても美味しそう!

⑥火を止める少し前に大根葉をお好きなだけ加える。大葉でも万能ねぎでも何でも良い。入れないと茶色に仕上がります⤵︎

(⑦お好みで…一度火を止めて片栗粉をふりふり。小さじ半分くらい。よく混ぜて再び火をつけ、とろみが付くまで加熱。)

〈完成!〉

 

豚バラ大根はよくあるレシピですが、ネットのレシピだと更に砂糖を加えている事が多いです。私はそんなに甘くしなくて良くない!?と思っていました。また、先日、別の主菜兼副菜の煮物のレシピ2〜3人分の分量で、「醤油とみりんそれぞれ大さじ3、更に砂糖を入れる」っていうのを見ました(しかもほとんど煮汁を残さないタイプの煮物)。

ネット等にありふれているレシピ、味濃すぎじゃないですか!?と、思ってるのは私だけ?ということで、うちの分量を伝えたくてブログにまとめました。

ちなみに、しょうゆの塩分は大さじ1で約3g、みりんの糖分は大さじ1で約6gです。これを覚えていると、どれくらい加えたら良いのか、想像しやすいと思います。栄養士ならきっとみんな頭に入っている数字のはず…!?

レシピの中でも書きましたが、肉は他の物でも良いし、野菜も全部大根じゃなくても良い。以前、Twitterに載せたのは、鶏肉で、大根も乱切りバージョン。お好みの食材でアレンジしてみて下さい!