アスリートをサポートする栄養士の日々。

スポーツ栄養士の日々の記録。

《雑レシピ》アレンジ可能なピーマンにシラスとか詰めるやつ。

f:id:eiyoushikameko:20181207145443j:plain

こんばんは、栄養士かめ子です。写真は昨日の夜ご飯の副菜。ピーマンの肉詰めではなく、シラス詰めです。

これ、副菜なのにタンパク質摂れるし魚摂れるし、アレンジし放題だし美味しいので、簡単に作り方を紹介したいと思います…!レシピを紹介するほど難しいものでもないんですけどね。では早速!

 

①ピーマンは切る前に洗い(←ポイント)、半分に切って種を取り除く。

②ピーマンの中にまず、シラスを入れる。うちは、乾物タイプではなく、ふわふわの釜揚げしらすを使います。

③シラスの上にソースをかける。ソースはお好みでなんでも可能!上の写真はピザソース。

④ソースの上から適量のチーズをかける。

⑤トースター(うちはけむらん亭)で焼く。

⑥焼きあがったらしばらくそのまま放置。出来立てはピーマンがふにゃふにゃでお皿に移せない。

⑦お皿に移したら、お好みでかつお節やバジルをかけて〈完成!〉

 

こんな感じです。簡単でしょ!?いくつか解説します。まず①の「ピーマンは切る前に洗う」。こうしないと水っぽくなります。栄養士の学校でも同じように習ったので、他の料理を作るときも同じだと思います。ちなみに、切る前に洗っても、焼くとピーマンから水分が出てきます。焼き立てで皿に移そうとすると、ピーマンがふにゃふにゃで、美味しい部分が水分と一緒に流れ落ちてしまいます。そして、③のソース!今まで使ったのは、ピザソースの他に粒うに、パスタソースなど。パスタソースはたくさん種類があるので、アレンジし放題だと思います。瓶入りのパスタソースが使いやすいかも。

トースターに入れるまではちょっと面倒なんですが、あとは放置しておけば良いので、他に作りたい料理があるときや、ガスコンロが埋まっている時によく作っています。それに、ピーマンが最高に美味しいんです!是非一度、作ってみてください。

 

ピーマンといえば、実は緑黄色野菜の基準を満たしていないけれども緑黄色野菜なんです。その真相はこちら↓をご覧ください。

eiyoushikameko.hatenablog.com