栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

鍋で食べた野菜による、必要な栄養成分の充足率を計算してみた。

f:id:eiyoushikameko:20181217152224j:plain

昨日の晩御飯は、鍋でした。鍋は寒くなると頻度が増えます。

そんな鍋は、野菜をグツグツ煮込むので、カサが減って沢山食べられます。私と旦那様が食べた野菜の量で、1日に必要な栄養素のどれくらいをカバーしているのか、気になってきました。ということで、自分の好奇心を満たすためにですが、計算してみることにしました。

まず、食べた野菜の量は二人分で、大根150g、白菜160、ねぎ白い部分80g、ねぎ緑の部分20g、人参30g、せり40gでした。合計480g、大体1日に摂取したい量の3分の2くらいです。

調べてみた栄養成分は、ミネラル・ビタミンの中で、野菜が主な摂取源になっている栄養素や、主ではないけれど摂取源になっている栄養素、そして食物繊維です。食品成分表の目安量または推奨量(食物繊維のみ目標量)を元に判断します。そして、数字まみれになってしまうので、旦那様と私、30代男性と20代女性の数字を合わせた合計の値で、二人分まとめて判断したいと思います。また、煮汁は全て飲みましたが、今回は加熱による栄養素の減少は考えないものとします。

上記の野菜による栄養成分を示し、続けてカッコの中に二人分合わせた目安量又は推奨量(食物繊維は目標量)を示します。

 

カリウム 1154mg(目安量4500mg)

・カルシウム 170mg(推奨量1300mg)

マグネシウム 58mg(推奨量640mg)

・鉄 1.9mg(推奨量18.0mg)

・ビタミンA 313μRAE(推奨量1550μgRAE)

・ビタミンK 192μg(目安量300μg)

葉酸 276μg(推奨量480μg)

・ビタミンC 74mg(推奨量200mg)

・食物繊維 8.4g(目標量38.0g以上)

 

全体的に考えると、思ったより少なかったです(私の野菜の選択が悪かったのかも知れないですが…。)。この中には、主な摂取源が肉・魚・乳など、他の食品の栄養素もあります。野菜がミネラル・ビタミンの大きな供給源であることは事実です。しかし、野菜だけでは当然不十分で、その他の食材(肉・魚・乳・穀類…)を含めて、バランスよく食べることが大切だと改めて感じました。

今回計算したのは「夜ご飯で食べたもののうち、野菜だけ」ですし、「偶然、今回使用した野菜」での計算値ですので、あくまでも目安だとお考え下さい。

 

今回の鍋は市販の鍋の素を使いました。あごだし鍋。せりと相性が良かったです。ごぼうを入れなかったことを後悔…。絶対合っただろうな!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミツカン こなべっち 焼あごだし鍋つゆ(29g*4コ入)【ミツカン】
価格:366円(税込、送料別) (2018/12/17時点)

楽天で購入

 

過去の鍋。↓