栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

卵の賞味期限。

f:id:eiyoushikameko:20181227151442j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。卵かけご飯が大好き。それにしても、私のブログやTwitterの写真は卵の写真多い…。

今日は、卵かけご飯に欠かせない、「生卵」の話をします。

昨日、食品の賞味期限の話をしました。

eiyoushikameko.hatenablog.com

そこで気になるのが、卵の賞味期限です。食品に詳しくない方でも知っている方は多いと思いますが、実は卵の賞味期限は「生で食べること」を前提に決められています。ネットで検索すると、「卵は賞味期限が切れても、加熱すれば食べられる!」みたいな記事も沢山出てきます。

では、期限が切れた後、加熱して食べるとして、何日間くらい食べられるんでしょうか。これは、昨日のブログ記事を読んで頂ければ分かると思いますが、「できるだけ早く」という答えになります。ちなみに、ヨード卵光のHPには、賞味期限後は、「1週間以内であれば、70℃以上で1分以上加熱したら食べられる」と書いてありました。

卵は、外側だけではなく中身自体が、サルモネラ菌に汚染されていることがあります。いずれにしても、期限が切れた卵は、生食しないことを勧めます。「冬季(12~3月)は産卵後57日以内」という説明書きをしていることも記事によっては見受けられますが、それは適切な温度管理をされていた場合の話です。店頭に並ぶまでの温度変化、それから家庭の冷蔵庫は頻繁に開閉があり、温度変化を受けますから、パッケージに記載された賞味期限を守った方が良いと、栄養士としては思います。

卵は、肉や魚より長期で保管ができて、あると助かるタンパク源なのでなので、私も重宝しています。生ものなので賞味期限を守って、今後も安全に食べたいなと思います。