栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物の話〜

栄養士かめ子です。スポーツ栄養士を目指して勉強中。

トリニータはJ1でやっていけるのか…。

f:id:eiyoushikameko:20181128115224j:plain

こんにちは、栄養士のかめ子です。いつか鹿島スタジアムにアントラーズを応援に行った時の写真。チラッと写ってますが、鹿島ユニです。今年はトリニータユニ着て行けるかも…、と思うととても嬉しい。

はい、今日のブログは栄養の話ではなく、サッカーの話をします。

私が応援するJリーグのサッカーチーム、大分トリニータがJ1昇格を決めました。2019年のJリーグはディビジョン1で戦うことになります。めっちゃ嬉しい…!何年待ったことか…!という気持ちの反面、やっていけるのか?1年で降格しないか?という不安が湧いて来ます。 

 

期待する気持ちもけっこうあります。理由としては、

①2018シーズンは今までにない攻撃的なトリニータだった。

②相当(本当に相当)補強した。

という事があります。

①については、今までのトリニータは得点力のあるFWが1〜2人、得失点差もそこまでプラスにならず、下手したらマイナスでシーズンを終える印象でした。それが、2018シーズンは、馬場選手、藤本選手、三平選手、後藤選手がそれぞれ10得点超え。さらに得失点差は+25で相当攻撃的なチームになっていました。その得失点差は最終的には自動昇格を決める大きな意味を持ちました。あまりにも攻撃的に生まれ変わったトリニータに、家族と「ホントにこれがトリニータ!?」と何度も確認しました(笑)。

②については、年末の連日の新加入選手の発表に本気具合を感じました。日々、声を上げて驚きました。特に、2018シーズンのJ2で22点を決めたオナイウ阿道選手やミスター湘南の高山薫選手、また私は旦那様の影響で鹿島サポでもあるので三竿雄斗選手の獲得には興奮せずにはいられませんでした。弟によると、J2の色んなチームの一番評価が良い選手を獲得しているらしい…。

どうしたトリニータ…!またトリニータの時代が来ると、期待していいのかな!?まだシーズンは始まっておらず、どうなるのか分からないという気持ちが強いですが、2019シーズンのトリニータがJ1できっと暴れてくれると期待しています!

そう、旦那様はまだトリニータのユニホームを持っていません。これは三竿選手のユニホームを作るしかないかな!まさか選手のユニホームをきて、鹿島スタジアムに乗り込みたい!(旦那様は鹿島スタジアムに行く時は鹿島ユニが良いだろうから、私が着ることになるかな?)