栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

アミノ酸スコアと第一制限アミノ酸。②

f:id:eiyoushikameko:20190108144504j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。昨日の味噌汁は、七草粥を意識して作りました。本当はせりとかぶ(すずな)で作りたかったんですが、かぶが売り切れていたため、大根を使いました。

話は変わりまして、昨日のブログでは、アミノ酸スコアとは何か?という話をしました。

eiyoushikameko.hatenablog.com

必須アミノ酸はバランスよく摂る事が大事だという話です。今日はその続きです。

昨日のブログを読んで頂くと、「どんな食品がアミノ酸スコアがいいんだろう?」とか、「アミノ酸スコアが良い食品ばかり食べてたら大丈夫?」とか色んな疑問が湧くかと思います。そんな疑問に答えるために、補足の説明をしていきたいと思います。

 

アミノ酸スコアが良い食品(スコア100の食品)は、

・肉

・魚

・乳・乳製品

・卵

など動物性の食品に多いです。逆に

・精白米

・小麦

・野菜

・果物

など、植物性の食品は、アミノ酸スコアが比較的低い傾向にあります。(大豆はアミノ酸スコア100です。)ちなみに、精白米の第一制限アミノ酸は「リシン」です。

では、アミノ酸スコアが良い食品ばかり食べていればいいかというと、そういう訳ではありません。それでは栄養バランスが偏ってしまいます。具体的には飽和脂肪酸やタンパク質の過剰、糖質や食物繊維不足などが考えられます。

じゃあ、どうすれば良いかというと…、簡単です!アミノ酸スコアが低い食品も、その他の食品と組み合わせて食べる事で、弱点を補う事ができますね!

例えば、朝がパンだけの方は、そこにヨーグルトや卵の入った野菜サラダを加えて見るとか。おにぎりで済ましてしまう方は、卵かけご飯にするとか納豆を食べるとか。

「簡単に済ませがちな朝食や一人の昼食でも、タンパク質が不足しないように、タンパク源になるものを摂るようにしている」とTwitterにいつか書いたかもしれません。それって実は、タンパク質摂取という点だけではなく、アミノ酸バランスの面から考えても大切だという事です。

 

今まで何度も「色々な食品を少しずつ食べる事で栄養バランスは整う」という話をして来ました。長々と説明して来ましたが…、アミノ酸スコアの話も、結局そこに落ち着いてしまいそうです…。

 

アミノ酸スコアの話はうまく説明するのが難しくて、頭が沸騰しそうなかめ子でした!