アスリートをサポートする栄養士の日々。

スポーツ栄養士の日々の記録。

手抜きにおススメな切り干し大根。

f:id:eiyoushikameko:20190122155534j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。いつかの晩御飯の副菜。切り干し大根とえのきと三つ葉。最近切り干し大根にハマってます。

ハマってしまったのは、楽だし、美味しいから。乾物なので保存性も良く、戻し時間がかからないのも良い点です。そして、他の野菜にはない独特のパリパリ食感が良いんです!

また、この間、茹でて絞ったほうれん草のアレンジが無限大だとブログで書きました。

eiyoushikameko.hatenablog.com

同じことが切り干し大根にも言えることに、気づいてしまったのです。一番手抜きすると、戻して絞って、ドレッシングかければそれで一品副菜が完成する…!なんて素晴らしい食材なんだ!

一緒に使うの食材が葉物などで茹でる場合は、切り干し大根は、軽く洗って野菜と一緒に鍋に投入しちゃってます。あとは茹で上がったら、野菜と一緒に絞って切って味付けするだけ!こうすると、本当に楽です。(下のTwitterの小鉢はこの方法で作りました。)

上のほうれん草のブログのコピペですが、味付けの例は、

・醤油

・めんつゆ

・ドレッシング(どんなドレッシングでもOK!)

・ソース

・ポン酢

などなど。

勿論、煮たり炒めたりするという調理法もあります。それを考えると本当にアレンジが広がります。そして、王道の、切り干し大根の煮物も良いですね…!私は最近、切り干し大根の煮物の仕上げに三つ葉やせりを入れています。そうすると彩りもよくなるし、香りも良いのでおススメです。

 

最近、自分が料理をするのは旦那様の為だな…、と強く感じている私です。正直、凝った料理や手間のかかる料理は好きではありません。旦那様がいなかったら、もっともっとテキトーに食事を済ませていたかもしれません。勿論、栄養士として必要な技術は持ってますが、家庭料理は肩の力を抜いて作りたいと思っています。だから、「どうやったら手を抜きつつ、見た目が良いか、美味しいか」とか、そんなことばっかり考えてるんですね(笑)。その結果、辿り着いた食材の一つが切り干し大根という事です。ぜひ、参考にしてみて下さい!