栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

ファーストフードで気をつけたいこと。①

 f:id:eiyoushikameko:20190202160913j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。普段、あまりファーストフードは食べないのですが、なんだか急に食べたくなって、久しぶりにマクドナルドに行ってきました。

マクドナルドといえば、以前こんな記事を書きました。

eiyoushikameko.hatenablog.com

タイトルの通り、グラコロが本当に炭水化物が多いのか、確認しました。

この時は炭水化物量を知りたかったので、三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)のみに注目しましたが、ファーストフードというと、本当は別にも気になる点があります。それは「ビタミン・ミネラルが摂れているのか?」ということです。今日のブログでは、これについて確認したいと思います。

今回は、「ダブルチーズバーガー ポテトMセット」で考えます。ただし、ドリンクの成分は考えません。

早速、マクドナルドのHPを見てみました。バーガーとポテトの栄養素の含有量の合計、そして20代女性の1日に必要な量に対する充足率(食事摂取基準の推奨量または目安量と比較)を計算してみました。

・エネルギー 867kcal

カリウム     1255mg(62.8%)

・カルシウム  234mg(36%)

・リン            516mg(64.5%)

・鉄                3.0mg(28.6%)

・ビタミンA   118μg(18.2%)

ビタミンB1 0.37mg(33.6%)

ビタミンB2 0.31mg(25.8%)

ナイアシン  9.1mg(82.7%)

・ビタミンC   17mg(17.0%)

・食塩相当量  3.7g(目標量7g /day未満)

・食物繊維      6.5g(目標量 18g /day以上)

このような結果になりました。充足率は栄養素によってばらつきがありました。エネルギーや食塩相当量は一食にしては十分すぎる(食塩相当量はむしろ多い、エネルギーも人によっては多い)のに対し、ビタミン・ミネラルは不足しているものが多いと感じました。これを分析すると、動物由来で摂取する割合が多い栄養素は充足率が高く、野菜などから摂取する割合が多い栄養素は充足率が低いように感じます。

ちなみに、サイドメニューをサラダにした場合…、栄養成分を見てみましたが、ビタミン・ミネラルの補給には十分ではなさそうです。食物繊維量も1g未満で、ポテトの方がむしろ多い!血糖値の上昇についても言及せずにはいられないのですが、この量のサラダで、食前に食べて、血糖値の急上昇を防ぐのに役に立つのか…?、私には不十分な量に思えます。

 

結論、ファーストフードはメニューにもよりますが、エネルギーや食塩相当量は多いが、摂取の寄与が野菜に多いビタミン・ミネラル・食物繊維は十分摂取できないことがあります。「たまに」楽しむのは良いですが、日常的に利用するのは注意が必要です。

 

 

〈参考文献〉

マクドナルドウェブサイト

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」