栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物の話〜

アスリートの食事をサポート中の、スポーツ栄養士のブログです。

調べてびっくりした、「海苔」の栄養成分。

f:id:eiyoushikameko:20190302153246j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。見れば分かりますが、海苔の写真です(笑)。海苔って美味しいですよね…!私はお米を食べる時以外にも、味噌汁に入れたり、かつお節のようにおかずにかけたりして使っています。

このように、よくうちの食卓に登場するので栄養成分を調べてみることにしました。

 

 

海苔の栄養成分

海苔って乾物だし、一度に食べる量は重さで考えるととても少ないです。刻み海苔をお茶漬けにかけるとかだと、1gにもならないかも知れません。何グラムで計算するか迷いましたが、8枚切りの海苔を5枚食べても2g位なので、2gで計算してみようと思います。

早速、食品成分表を見てみると、焼き海苔2g当たりの栄養成分は、

・エネルギー 4kcal

・タンパク質 0.8g

・脂質            0.1g

・炭水化物     0.9g(うち食物繊維0.7g)

でした。

 

海苔に多い栄養素は?

調べてみて、結構びっくりしました!2gのうち、0.8gもタンパク質が含まれてるんですね!乾物なので他の食品とは比較しにくいですが、重量のうち40%がタンパク質ということです。野菜でも少しはタンパク質は取れますが、海苔と同じ量のタンパク質を摂ろうと思うと、水分が多いので大量に食べなければいけません。

計算していないので分かりませんが、植物性の食品なので、恐らくアミノ酸スコアは良くないと思います。しかし食事の中で、他の食品と組み合わせて食べるのであれば、アミノ酸スコアについては心配いらないと思います。海苔だけをおやつにパリパリ食べることもありますが、まあ、それはおやつなので、アミノ酸スコアは考えなくても良いのではないでしょうか。もし考えるとすれば、チーズに海苔を巻いて食べるとか。

また、食物繊維の多さにも驚きました。海苔はお米と一緒に食べることが多いですが、血糖値対策に役立ちそうです。ただ、海苔を巻けばお米を先に食べて良いとは言い切れないので、いずれにしても野菜や主菜から食べる事が大切だと思います。

 

まとめ

海苔は乾物をそのまま食べるという特徴から、タンパク質と食物繊維が効率よく摂取できる事が分かりました。乾燥していて水分が少ない分、栄養素がギュッと詰まっているんですね!食事のタンパク質や食物繊維のチョイ足しに良さそうです。

タンパク質を積極的に摂って欲しい高齢者に勧めたい所ですが、実は注意が必要です。喉に張り付く恐れがあるので、咀嚼・嚥下に心配がある方は、注意が必要です。

 

佐賀の海苔、食べてみたいな!

 

〈参考文献〉

文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)」