栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

便秘はどうやったら改善するのか。

f:id:eiyoushikameko:20190304160601j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。私は毎朝ヨーグルトを食べます。私は朝はパンを食べるので、タンパク質を補いたいと思い食べています。ですが、便通改善のために乳酸菌を摂りたいということでヨーグルトを食べている方も多いようですね。

 

今日は、便通に関して、私が栄養士として働いていた時に沢山受けた質問の話をしたいと思います。

 

 

何度もされた質問

それは「乳酸菌を摂取したら、便秘が治りますか?」というものです。スーパーに行くと、「お腹の調子を整える、便通を改善する」という事で特定保健用食品(トクホ)のマークがついたヨーグルトや乳飲料、乳酸菌入りの食品が沢山あり、「乳酸菌を摂ったら便秘が治る」というイメージがある方も多いのではないでしょうか。私が働いていた食品会社では乳酸菌の入った商品があったため、それに関連して便秘の質問を受ける事が多くありました。

確かに、トクホの商品は研究を行い、十分な審査を行った上で認められます。だから、その乳酸菌の研究の中で、トクホに認定されるだけの結果が出たのは間違いないと思います。

 

便秘の原因

便秘には色々な原因があります。ここで、思いつくものを並べてみようと思います。

・食事量の不足

・食物繊維の不足

・水分の不足

便意を我慢してしまうこと

・運動不足

・腹筋が弱いこと

・ストレス

・薬の影響

…他にもあるかもしれません。

 

乳酸菌で便秘は改善するか

腸内環境が改善すれば、便秘が改善する方もいます。しかし、上記のように、実は便秘の原因は様々です。だから、乳酸菌を摂っても、元々の原因が改善されないと、便秘は良くならない方もいます。実はダイエットの為に食事量を控えていたとか、高齢による消化機能の低下により繊維質の少ないものばかり食べていたとか。真の問題は別にあるかもしれないと、食生活を見直してみて欲しいです。

また乳酸菌を摂るにしても、私たちのお腹の中の腸内細菌は一人一人違います。つまり、人によって相性の良い乳酸菌は違うこともあります。お友達が「このヨーグルト食べたら便秘が改善したの!」と言っていたとしても、同じヨーグルトを食べてあなたの便秘が改善するとは限りません(乳酸菌が合わなくて、お腹を下し、結果的に便秘が改善することはあるかもしれませんが…。)。更に、乳酸菌は下剤のお薬ではないので、一回食べたくらいでは何も変わらないと思います

また、トクホの商品でも、お薬ではない「食品」なので、摂っても必ず改善するとは言えません。

 

 まとめ

トクホの商品の広まりを受けて、「乳酸菌を摂ると腸内環境を改善し、便通が良くなる」ということを耳にしたことがある方も多いと思います。勿論、それで改善する方もいますが、他にも原因があるかもしれないことを知っておいて欲しいです。便秘は生活習慣が乱れているというサインかもしれません。便秘かな?と思ったら、一度生活習慣を見直してみるのも良いと思います。

最後に。便秘の原因について色々とお話ししてきました。しかし、便秘の原因は本当に幅広くて、過敏性腸症候群や大腸がんなど、他の病気が隠れている事もあります。少しでもおかしいと思った時には、病院に行くことをお勧めします。

 

〈参考文献〉

・本田佳子「栄養食事療法の実習 栄養ケアマネジメント 第9版」(2014)