栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

食物繊維が多そうな野菜の食物繊維量を念のため確認…。

f:id:eiyoushikameko:20190306141841j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。筑前煮、大好きなんです。いつから好きだったか覚えてないのですが、栄養士の大学に行って自分で作れるようになり、作るのも大好きになりました。

今日は、筑前煮に使う野菜の話です。

 

 

筑前煮に使う食材で食物繊維が多そうな野菜

筑前煮は、色んな野菜を入れますよね。私は、椎茸や里芋はその時によって入れたり入れなかったりですが、人参・蓮根・ごぼうは必ず入れます。あとは彩りのいんげんか絹さやも必ず。

蓮根やごぼうを切りながら、食物繊維が多いイメージがあるな…と思いました。それと同時に思い出したのは、以前ブログでも書いた、「セロリが思ったほど食物繊維多くなかった事件」です。

eiyoushikameko.hatenablog.com

ちなみに、セロリの食物繊維量は、1.5g/100gでした。

蓮根やごぼうも、食物繊維が本当に多いのか、気になってきました。

 

蓮根とごぼうの食物繊維量

早速、食品成分表でチェックしてみました。比較しやすいように、100g当たりで考えます。食物繊維の量は、

蓮根     2.0g/100g

ごぼう 5.7g/100g

このような結果になりました。また、水分・タンパク質・脂質の量はほとんど同じでした。

 

分かったこと

ごぼうは、予想通り、野菜の中でも食物繊維が多いと言える量である事が分かりました。しかし、蓮根はセロリと大差がない量で、野菜としては普通の量でした。蓮根って、切った時に糸みたいに繊維がびよ〜んって伸びることがあり(伝わりますかね?笑)、如何にも食物繊維が多そうだと思っていたのですが、そこまでではありませんでした。代わりに蓮根で比較的多かった栄養成分は糖質でした。具体的には13.5g/100gで、食品成分表の値としてはトマトや人参よりも多い数値で、野菜の中では糖質が多い方なのではないかと思います。昨日も少しTwitterで書きましたが、蓮根は煮物にすると、芋ほどではありませんが少しホクホク感が出て美味しくなります。これは糖質が多い為かな、と思いました。

 

まとめ

ごぼうは予想通りの結果となりました。しかし、蓮根が食物繊維がそんなに多くないのは意外でした。そして、糖質が予想より多く驚きです。じゃがいもの糖質が16.3g/100gである事を考えると、蓮根の糖質の多さが分かると思います。よく、栄養士・管理栄養士か食事指導する時のあるあるで、「ポテトサラダはサラダではない!」と言いますが、蓮根をたくさん使うおかずを作る時は、糖質に栄養バランスが偏る可能性があるかもしれません。と言っても、じゃがいもより食物繊維は多いですし、芋と蓮根を同等に考える必要はないと思います。また、今回の筑前煮の様に、「色んな野菜の中の一つ」として使うのであれば問題ないです。

今回も、予想外の数字が出てきて、調べてみて良かったと感じるかめ子でした。

 

 

最後に、私の筑前煮の作り方をまとめた時のブログです。だいぶ前の、今より更に読みにくい時代のものですが、よろしければ…。いつかブラッシュアップします!

eiyoushikameko.hatenablog.com

 

〈参考文献〉

文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)」