栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

パスタを麺と市販のソースだけで作ると、栄養バランスはどうなるか。②

f:id:eiyoushikameko:20190320181812j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。

今日は昨日の続編です。昨日の内容を覚えていますか?

eiyoushikameko.hatenablog.com

「パスタを麺と市販のパスタソースだけで作ると、栄養バランスはどうなるか」を考えており、パスタ麺80gの栄養成分を計算し、「青の洞窟」の数値を計算に使うと決めたところで終わりました。

では早速、いくつかのピックアップして栄養バランスを計算していきたいと思います。

 

 

パスタの栄養バランス

味は、他社のパスタソースにもよくありそうなものを、4種類選んでみました。

〈香味野菜とハーブ引き立つ ボロネーゼ〉

・エネルギー 214kcal

・タンパク質 13.3g

・脂質    12.9g

・炭水化物  11.2g

麺と合わせたエネルギー産生栄養素バランスは、

・エネルギー 517kcal

・タンパク質 17.9%

・脂質    25.1%

・炭水化物  57.1%

 

〈2種のチーズの カルボナーラ 1人前140g〉

・エネルギー 170kcal

・タンパク質 5.4g

・脂質    12.2g

・炭水化物  9.7g

麺と合わせたエネルギー産生栄養素バランスは、

・エネルギー 473kcal

・タンパク質 12.9%

・脂質    26.1%

・炭水化物  61.1%

 

〈ズワイ蟹の旨味豊かな 蟹のトマトクリーム 1人前140g〉

・エネルギー 108kcal

・タンパク質 2.7g

・脂質    6.3g

・炭水化物  10.1g

麺と合わせたエネルギー産生栄養素バランスは、

・エネルギー 411kcal

・タンパク質 12.2%

・脂質    17.1%

・炭水化物  70.8%

 

〈バジルとチーズ香る ジェノベーゼ1人前28g(まぜるだけタイプ)〉

・エネルギー 122kcal

・タンパク質 0.66g

・脂質    11.2g

・炭水化物  4.7g

麺と合わせたエネルギー産生栄養素バランスは、

・エネルギー 425kcal

・タンパク質 9.8%

・脂質    26.9%

・炭水化物  63.3%

このような結果になりました。

 

分かったこと

今回調べた4種類の中で、エネルギー産生栄養素バランスが目標の範囲内に収まっているのは、「ボロネーゼ」の1種類だけでした。他の3種類はタンパク質が少なかったり、炭水化物が多かったりで、麺と市販のソースだけではバランスが良くない事が分かりました。

この結果を見ると、「じゃあボロネーゼなら良いのか」と感じると思います。しかし、店頭で色々な商品を見てみると、ボロネーゼやミートソースと書いてある商品でも、タンパク質が少ないものがありました。挽き肉がチョロっと入っただけの商品は、ボロネーゼやミートソースでも、タンパク質が不足する恐れがあるという事です。

また、カルボナーラは卵や牛乳が入っているのでタンパク質が多めかと予想していたのですが、他社も含めてそうでもありませんでした。

エネルギー産生栄養素バランスの話はここまでです。

 

もう一つ、気になること

エネルギー産生栄養素バランスが整ったとしても、栄養士としては気になる事があります。

タイトルの「麺と市販のソースのみで」を超えた話になってしまいますが、それは「野菜」のことです。野菜は1日350g摂ることが推奨されています。ですので、平均して、1食で120gは摂って欲しいのです。ですが、パスタソースには入っていたとしても大した量では無いと思います。

もうネタバレしちゃってますが、パスタに野菜を加えるか、野菜の摂れる副菜を付けて欲しいのです。

 

まとめ

市販のパスタソースは大変便利です。私もよく利用します。たまに、麺とソースのみで済ませるのは私だって別に気にしないし、毎食ごとに完璧に栄養バランスを整える必要はありません。しかし、摂り過ぎたものを後で控えるのは比較的簡単ですが、不足したものを後から補うのは結構大変です。パスタを頻繁に食べるなら栄養バランスを意識する必要があると思います。

タンパク源はゆで卵や、ツナやサラダチキンの缶詰で簡単に増やせます。また野菜は、レンチンや、パスタ麺と一緒に茹でてしまえば手軽です。

以外と簡単なので、是非皆さんにも試して欲しいです!

 

最後に。もっと細かく言うと、「飽和脂肪酸」とか言いたい事は色々あるのですが、とりあえずは、「エネルギー産生栄養素バランス」と「野菜」のことを伝えたいと思います。以上!

 

 

〈参考〉

・株式会社日清製粉グループ ウェブサイト(2019/3/29閲覧)