栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

アスパラガスは何で出来ているのか?

f:id:eiyoushikameko:20190403150141j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。アスパラガス、年中見る野菜ですが、この時期は特に沢山店頭に並んでいますね。また、お値段も安く手に入るので、最近うちの食卓には頻繁に登場しています。

そんなアスパラガスですが、食感が独特です。ホクホクしていて甘味も感じるけれど、シャキッと感もあって。ホクホクしていて甘いなら炭水化物(糖質)が多いのかな?でもシャキシャキもしてるし…?とぐるぐる考えた結果、食品成分表で調べてみることにしました。

 

 

アスパラガスの栄養成分

早速調べた結果です。糖質が多いという予想から、甘みのある(=糖質が多い傾向ある)野菜を中心に、いくつかの野菜と比べてみました。比べた野菜は、人参・かぼちゃ・ブロッコリー・小松菜です。気になっていた、炭水化物(糖質と食物繊維)と、面白い結果が得られたタンパク質の含有量をピックアップします。全て100g当たりの数値です。では早速!

・アスパラガス タンパク質 2.6g

        糖質    2.1g

        食物繊維  1.8g

・人参     タンパク質 0.8g

        糖質    6.3g 

        食物繊維  2.4g

・かぼちゃ   タンパク質 1.6g

        糖質    8.1g

        食物繊維  2.8g

ブロッコリー タンパク質 4.3g

        糖質    0.8g

        食物繊維  4.4g

・小松菜    タンパク質 1.5g

        糖質    0.5g

        食物繊維  1.9g

 

調べて分かったこと

今回は、糖質が多いのではないかと予想してスタートしました。しかし、一般的に糖質が多いと言われている野菜と比較すると、全然多くありませんでした(恥)。シャキシャキすると感じましたが、食物繊維も野菜の中で、特別に多いということはなく、普通の量でした。

しかし、タンパク質の多さには驚きました。以前、ブロッコリーはタンパク質が多い野菜だという話をしました。それは今回示した数値でも明らかです。アスパラガスはブロッコリーほどではありませんが、野菜の中ではタンパク質が多めだと言えそうです。

eiyoushikameko.hatenablog.com

因みに、タンパク質はアミノ酸からできています。アミノ酸の1つであるアスパラギン酸はアスパラガスから発見されたと言われていますが、食品成分表の中のアミノ酸成分表を見てみると、アスパラガスに含まれるアミノ酸の中で一番多いのはアスパラギン酸でした。

 

まとめ 

予想とは全然違いました。野菜の中では、タンパク質が多いということに驚きました。あの独特の食感は、タンパク質が関係しているということでしょうか。

食品の栄養成分を調べてまとめることはよくありますが、その度に意外な事実が出てきて驚かされる私でした!

 

 

<参考>

文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)」