栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

かぼすブリの味が普通のブリと違った。

f:id:eiyoushikameko:20190407174701j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。先日関東で、かぼすブリが売っているのを見つけて思わず買ってしまいました。いつものブリと味が違ってびっくりしたので、まとめたいと思います。

 

 

かぼすブリとは

大分県が日本一の生産量を誇る「かぼす」を食べて育った養殖ブリです。抗酸化作用を持つかぼすをエサに加えることで鮮度を長く保つことができ、臭みのないブリになるそうです。また、脂が乗ってさっぱりとした肉質になるそうです。

 

初めて食べたとき

初めて食べたのは、実家の大分に帰省していた、今年のお正月でした。その時はお刺身でした。その時、風味は特に普通のブリの刺身と変わらないと感じたのですが、とにかくとろけるように柔らかくて、美味しかったのです。家族や祖父母達と食べていたのですが、他にもおせち料理や寿司が並ぶ中で、かぼすブリの刺身が最初にあっという間になくなったのを覚えています。 

 

今回食べた感想

東京のデパートの魚売り場を見ていた時に、偶然切り身を見つけました。産地と離れているのに手に入るんだ!と感動し、天然物より高かったのに、思わず買ってしまいました。

その切り身でブリの照り焼きを作りました。旦那様と一緒に食べたのですが、魚の味がいつものブリと違う!なんかかぼすの味しない?そんな訳ないよね!?と言いながら食べていました。私だけだったら勘違いかな?で終わるのですが、旦那様もかぼす感を感じたのです。脂は乗っていましたがとてもさっぱりしていたということでしょうか。

「東京で買ったかぼすブリがかぼすの味がした」と私の両親に報告したところ、それはそれは馬鹿にされました(笑)。でも本当なんです~!

 

調べてみたところ・・・

大分県のHPを見たところ「かぼすの味がする」というのは、あながち間違いではないことが分かったのです!かぼすを食べて育ったかぼすブリの腹身からは、かぼすの香り成分である「リモネン」が検出されるというデータが載っていました!

 

まとめ

「○○を食べて育った」というのはよく聞く話です。ですが、その味がするというのは聞いたことがありませんでしたし、そんな食品は食べたこともありませんでした。だから、今回のかぼすブリにはとても驚きました。お正月のお刺身の時はかぼす感は感じなかったんだけどな。今回のだけ、強く感じたのはどうしてだろう?

いずれにしても、とっても美味しいブリでした。HPによると、全国に広く出荷されているそうなので、見つけた方は是非食べてみて下さい! 

 

 

〈参考〉

・全国漁業協同組合連合会 ウェブサイト(2019/4/9閲覧)

大分県 ウェブサイト(2019/4/9閲覧)