栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

「減塩のために、家庭でも出来ること。」 の追加!

f:id:eiyoushikameko:20190417135212j:plain

 こんばんは、栄養士のかめ子です。いつかの味噌汁。絹さやは年中手に入りますが、今の時期はとても食べたくなって、頻繁に食卓に登場します。

話は変わりまして、先日、こんなブログを書きました。

eiyoushikameko.hatenablog.com

 減塩のために家庭の料理でも出来る工夫をいくつか紹介しました。その後、追加したいことがいくつか出てきたので、今日は書きたいと思います。

 

 

①味噌汁の汁を残すことについて

上に貼り付けたブログ記事の中で、私の母が食塩摂取量を気にして、味噌汁は具だけ食べて汁は残していると書きました。そうすると、確かに食塩摂取量は減りますね。ですが、ブログを書いた後ちょっと考えました。汁を残すのが必ずしも良いとは限らないのではないかと感じました。

上記のブログの中でも触れましたが、腎臓疾患が無ければ、血圧の高い方にはカリウムはしっかり摂って欲しい栄養素です。野菜たっぷりの具沢山味噌汁の場合、野菜から沢山カリウムを摂ることになります。しかし、カリウムは「水溶性」です。一定の量が野菜から汁の部分に溶けだしているはずです。ここまで書けば分かったと思います。血圧が気になるなら、汁に溶けだしたカリウムも出来れば摂って欲しいのです。

この間のブログの書き方だと、「血圧が高い方は味噌汁の汁は残した方が良い」と感じる方がいたのでは、と思い追加で書くに至りました。

食塩摂取量は抑えたいけど、カリウムは沢山摂りたい・・・。味噌汁で両立するのは難しいな。

 

②「料理酒」や「みりん風味調味料」に注意

先日、料理に使用する酒とみりんについて、こんなブログを書きました。

eiyoushikameko.hatenablog.com

eiyoushikameko.hatenablog.com

「料理酒」や「みりん風味調味料」には、食塩が使用されているという話です。醤油などの塩分は気にしていても、料理酒やみりん風味調味料に含まれる食塩を忘れている方もいるのではないでしょうか。勿論、料理用の「清酒」や「本みりん」を使用していれば食塩の心配はありません。分からない方は、調味料を選ぶ時には、原材料の欄を確認し、食塩の添加の有無を確認してから購入することをおススメします。

 

まとめ

「血圧が心配で食事に気を付けている」と一言でいうのは簡単ですが、日常の食事で出来る工夫は沢山です。前回は味付けに関する項目が多く出てきましたが、今回は調味料の選び方」にも触れてみました。

味噌汁問題は、うちの母以外にも、同じようにされている方が居るかもしれません。気にして汁を残すなら、野菜の摂り方を変えて、カリウムが摂れる調理方法に変えた方が良いかもしれません。私も今度母に会ったときに、このことを伝えてみようかな。

また、味噌汁問題で良い代替案がある栄養士・管理栄養士さんには、是非教えてほしいです!