栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

野菜は美味しいから食べるんだ。

f:id:eiyoushikameko:20190421113524j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。写真は最近よく食べている、なすとアスパラガスをじっくり炒めるやつ。味付けはポン酢のことが多いです。何でよく食べているかというと、美味しいから!トロトロのなすもシャキシャキとした歯ごたえのあるアスパラガスも最高なんです!皆さんにもこの美味しさ、体験してほしいです。

 

 

ところが

野菜は美味しいから食べて欲しいと思い、SNSで食べたものの写真を載せています。ですがそこに栄養士の要素が入ってくると、「美味しい」以外の要素が入ってきてしまいます・・・。

 

「美味しい」以外の要素

具体的に、「美味しい」以外の野菜を食べて欲しい要素とは、

・健康のために

・栄養バランスを考えて

・ビタミンやミネラルが不足しないように

などです。

ブログを書いていると、内容が「美味しい」以外の要素ばかりになってしまっている気がします。

勿論、どうして野菜を食べるのか?ということを、理論的に理解することも大切なことですし、自分の体の仕組みを知ることにも繋がります。ですが、理論的に理解しただけでは、野菜を食べることが、楽しみではなく、義務的になってしまい、美味しく食べられないのではないかと感じています。

 

理想的には

野菜が美味しから食べる。その結果、自然と1日350g摂取出来ている。これが理想だな、と思っています。

余談ですが、先日、うちの夜ご飯の野菜の量を測ってみました。結果、少なくとも1人分で240gありました。厚生労働省の推奨する量の3分の2を、一食で摂れている結果です。でも、私としては全く無理していることは無く、いつも通り作ったらの結果でした。勿論、お米(炭水化物)も、タンパク源もきちんと食べています。

私の料理ではまだまだ経験不足ですが、皆が自然と必要な量の野菜を摂取できるようになれば良いなと思っています。

 

まとめ

私は、ブログは文章を書きたいと思っているので、内容が栄養学の理論的な部分に偏っていると思います。そこに興味を持って読んで頂けるのは大変嬉しいことです。ありがとうございます!そして、私のブログを読んでくださっている方は、食や栄養学に興味があり、食事の内容にも気を付けて、野菜も食べている方が多いと思います。

本当に野菜の摂取量を増やしてほしい方には、理論より先にまず、野菜が美味しいということを、まず知ってもらわなければいけない、と栄養士として感じています。

私のブログの内容はすぐには変わらないと思いますが、ブログでもSNSでも、もっと野菜の美味しさを伝えていけてら良いな、と感じているかめ子でした。