栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

煮魚の煮汁を捨てるのが勿体無い!

f:id:eiyoushikameko:20190430153203j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。前にも書きましたが、最近、魚料理を練習中の私です。その中の1つが煮魚です。何度か作るうちに、自分のレシピが固まって来たのですが、同時に新たな悩みも生じて来ました。今日はその話をします。

 

 

煮魚の悩み

何度も練習して、煮魚自体は美味しく作れるようになって来ました。ですが、毎回思うことがあります。それは、「魚の油や旨みが溶け出した煮汁が勿体ない!」という事です。

調味料も、なるべく残る煮汁が少なくなるように工夫しました。でもやっぱり余ります。飲んでみると美味しいんです。でもしょっぱいから全部飲みきるものではありません。これをどうにか出来ないかな〜、と悩み始めました。

 

ネットで調べたら

この煮汁、再利用出来ないか調べてみました。また、Twitterで書いたら、再利用方法を教えてくれた方もいました。結構、皆さん再利用して、煮汁の美味しさを最後まで楽しんでいることが分かりました。私がやってみたいと思ったものを紹介します。

・そうめんのつゆとして使う。

・豆腐を入れて煮る。

・冷やして煮こごりにして、アツアツのご飯に乗せて食べる。

・おからや野菜を煮て、卯の花にする。

うわ〜、どれも美味しそう!やってみたい!

残り汁を美味しく頂けそうな方法を沢山見つけました。次に煮魚を作るのが楽しみです。

 

ただし、気になること

ですが、気になる事があります。最初に「魚の油が勿体無い」と書きました。再利用する事で、確かに煮汁に残った油は摂取出来ます。ただ、魚の油である、DHAEPAといった不飽和脂肪酸は酸化しやすいという特徴があります。例えば、残りの煮汁を翌日食べるとすると、DHAEPAがどれだけ残るのかは分かりません。

 

まとめ

煮魚の余った煮汁を使った料理、早く試してみたいです。

翌日以降に食べても美味しく食べられそうですが、DHAEPAを摂取したいなら、出来るだけ早い方が良いのではないかと個人的には思います。煮魚を使ったその時の食事のおかずに、煮汁でもう一品作るのが良いかも知れません。作ったら、またSNSに載せる予定です。

もし、おススメの食べ方があったら教えて下さい!