栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

《雑レシピ》一番シンプルな味付けの、野菜の肉巻き。

f:id:eiyoushikameko:20190507133327j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。いつかのおかず、野菜の肉巻きの写真です。巻く野菜を変えれば頻繁にやっても飽きないし、定番の「醤油とみりん」の味付け以外にも味付けが出来るので、バリエーションが多く、よく作るおかずです。

今日は、うちの定番の醤油とみりんの味付けを紹介したいと思います!

 

 

材料

まず、旦那様と私の2人分で、いつも7個巻きます。きゅうりの4個に切った円柱状のものや、みょうが1個をそのまま巻くので、1個辺りが結構大きいかも知れません。きゅうりみょうがから、肉巻きの大きさを想像して下さい。

材料です。

・豚ロース薄切り肉 7枚

・包む野菜     7個

・片栗粉      適量

・油 適量(フライパンが焦げ付く場合)

 

〈調味料〉

・酒   大さじ1

・醤油  大さじ1

・みりん 大さじ1

 

作り方

①野菜を巻く大きさに切る。写真の野菜はみょうが、かぶ、ミニトマト。みょうがにはお尻の方から半分くらいまで、食べやすいように十字を書くように切り込みを入れる。かぶは皮を剥いてくし形切。ミニトマトはヘタを取って爪楊枝で2個をつなげておく。

②下茹でする必要のある野菜(人参など)は下茹でする。みょうが、かぶ、きゅうり、アスパラガスなどは下茹での必要なし。

③肉で野菜を巻いていく。巻き終わりの部分には、糊を付けるように片栗粉を振りかけてから巻く。

④(フライパンが焦げ付く場合は油をひいてから、)フライパンに火をつける。中火。

⑤フライパンが温まったら、巻き終わりの糊付けした部分を下にしてフライパンに並べていく。時々向きを変えながら、表面の肉一周に火が通るまで加熱。

⑥表面の肉が全て色が変わったら火を弱め、中までじっくり加熱していく。時々向きを変えながら、全体に中まで火が通るように。

⑦中まで火が通ったら、酒・醤油・みりんを加えて中火で加熱。調味料を煮詰めつつ、時々向きを変えて全体に味をなじませる。

⑧調味料が煮詰まり、肉巻きの色も濃くなったら火を止める。〈完成〉

 

ポイント

・使用する豚肉ですが、豚バラ肉でも出来ると思います。ただし、脂身の部分で肉がさけて隙間ができることがあるので、ロースがおススメです。

・作り方①でミニトマトの連結に爪楊枝を使っていますが、パスタでも良かったかな、と思っています。そうすれば、食べる時の手間が一つ減らせます。今度やってみようと思います。

・作り方②で人参は下茹でと書きましたが、人参は円柱状のまま使うと大変なので、分割してから茹でると良いと思います。

・巻いた肉がほどけないようにするポイントは、片栗粉を付けることと巻き終わりの部分から焼き始めることです。今までうまくいかなかった方は試してみて下さい。

・作り方⑧で、煮詰めすぎて焦げないように気を付けてね!

・ポン酢等で味付けする場合も作り方⑥までは一緒です。

 

まとめ

いかがでしたか?繰り返しになりますが、色んな野菜で作れるし、味付け方法も色々なので、覚えておくと便利です。ポン酢、おろしポン酢、焼き肉のたれ・・・、色々出来ますね!

おまけ話ですが、写真の肉巻きを作った時は、余ったかぶを一緒に焼いて、調味料と豚の煮汁を染み込ませて食べました。これもと~っても美味しかったです。余り野菜を一緒に焼くのもおススメです。

野菜を肉でクルクル巻くだけで意外と簡単なので、是非作ってみて下さい。 

 


eiyoushikameko.hatenablog.com