栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物の話〜

栄養士かめ子です。スポーツ栄養士を目指して勉強中。

母の日になにをするか。

f:id:eiyoushikameko:20190507155540j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。今日は5月12日、母の日です。皆さんはお母さんに、日ごろの感謝を伝え、贈り物などするのでしょうか?

私は今まで30年ほど生きてきて、母の日のプレゼントをしたことなんて1、2回しかないいというダメ娘でした。しかし、この1年でいろんな経験をして、今年は是非、何かしよう!という気持ちになりました。ですが、プレゼント選びが大変で・・・。今日はその一部始終を書いておこうと思います。

 

 

何で母の日にプレゼントを贈ったことが殆どないのか

まず、どうして母の日に、母にプレゼントを贈った経験が殆どないのか説明します。それはずばり、「そういう文化の家だったから」だと思います。サンタさんからのプレゼントは毎年届いていたし誕生日ケーキはありましたが、それ以外で家族間で誕生日や記念日に贈り物を送り合うという文化がありませんでした。だから母の日もスルーでしたし、父の日もそうでした。両親の結婚記念日も最近知りました。家族の仲は良いんですけどね。

 

よくある母の日のプレゼント

まず母の日のプレゼントと言われて思いつくのは、「カーネーション」だと思います。私の数少ない経験値の、母の日に送ったプレゼントもカーネーションでした。上京してからすぐの頃、思い付きで母の日に実家にカーネーションの鉢植えを送ったことがありました。しかし母はなんと、それを放置して枯らしてしまったのです(泣)。それ以来、やっぱ何もしなくて良いや、という感じになってしまったのです。そんな母なので、カーネーションを送るというのは却下です。プリザーブドフラワーも、埃をかぶることが想像できるので却下です。

その次に思いつくのはアクセサリー。でもあまりアクセサリー類は身に付けない母。それに、アクセサリーに限らずモノ全般ですが、その人の好みがあるから、もし好みに合わなかったらと考えると、これも却下。

また、普段買わないオシャレなお菓子というのも思いつきました。ですが、きっと父も一緒に食べます。父は血液検査で引っかかる項目がある様子。それなのに、お菓子があれば食べちゃう性格。栄養士として父の(勿論母のことも)健康を考えてしまう私は、お菓子は送りたくないな、と思いました。

 

では、何を贈るのか

結果、お菓子ではない、食品が良いのではないかという結論に達しました。食品の中でも何にするか?変わったものを送っても、口に合わないかもしれないし、使ってもらえなければ意味がない。

結局・・・、最近、私の影響やら父の健康を考えたりで、ご飯に雑穀を取り入れるようになった母。これだ!と思い、なんだか地味ですが、母の日のプレゼントは「雑穀」になりました。確実に使ってもらえるし、母が今まで使ったことが無いものを選んだので、違いを楽しんでもらえると良いな、と思って決めました。

 

まとめ

だいぶ変化球な母の日の贈り物だし、そもそも母の日の贈り物だと気づいてもらえるかも心配なくらいですが、今まで贈り物をしていなかった私の第一歩としては丁度良いかなと思っています。

 

大人になってから気づいたのですが、贈り物って、送り主の気持ちが伝わると、送られる方も嬉しいんですよね。贈り物の内容や値段より、大切なものがあると、私は思っています。

そんな、「相手を思う気持ちが伝わる贈り物」が出来る大人になりたいと思っている私でした。皆さんはお母さんに何かしましたかー?

あ、今週のお題「母の日」のようですね。


eiyoushikameko.hatenablog.com