栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

妊娠中に食べ過ぎに注意したい魚。

f:id:eiyoushikameko:20190514164447j:plain

 こんばんは、栄養士のかめ子です。何度も紹介している気がしますが、写真は故郷の郷土料理の刺身の漬け、「りゅうきゅう」です。また、最近、魚料理を練習していたりして、魚の食べ方や食べる魚の種類が広がっている私です。

魚料理を頻繁にするようになってから、気になり始めたことがあります。それは、「妊娠中に食べすぎに注意したほうが良い魚」のことです。今までは聞いたことがある程度だったのできちんと調べてみました。今日はこの話をしたいと思います。

 

 

妊娠中の方が魚を食べるメリット

魚には、良質なタンパク質や胎児の脳の発育に欠かせないDHAEPAなどの脂肪酸など、妊婦さんには不可欠な栄養素が豊富に含まれています。その他、ビタミンD・鉄など、食事摂取基準によると妊娠中に普段より多く摂りたい栄養素の摂取源になります。

勿論これらの栄養素は、妊娠中でない方にとっても大切な栄養素です。

 

魚に含まれる水銀

魚は食物連鎖の影響で、全般的に微量の水銀を含んでいます。この水銀の量は健康に害のない量の場合が多いです。しかし、一部の魚は、水銀の蓄積量が多いものがあります。食物連鎖の結果ですので、比較的大きな魚にこの傾向があります。

妊娠中の魚介類による水銀の摂取により、胎児に影響が出る可能性が報告されています。まず、この「影響」とは、胎児が生まれたその後の生活に重篤な障害が出るようなものではないということを伝えておきます(厚生労働省のHPの表記をそのまま使いました。)。

 

食べる頻度に注意が必要な魚

水銀を比較的多く含み妊婦が注意すべき魚が、厚生労働省のHPに載っていました。この中でよく食べるものをいくつか挙げると、

・キンメダイ

・メカジキ

クロマグロ

メバチマグロ

などがあります。この他にはイルカやクジラも注意が必要です。また、マグロについては種類によって水銀の含有量に差があるようで、キハダマグロ・ビンナカマグロ・メジマグロ・ツナ缶は通常通り食べて問題ないということです。

 

特に注意が必要ない魚

こんなことを書くと、上記にない魚は大丈夫なのか心配になると思います。ですので、逆に注意の必要が無い魚も挙げておきます。

・アジ

・サケ

・サバ

イワシ

・サンマ

・タイ

・ブリ

・カツオ

これらの魚は特に注意は必要ありません。スーパーでよく目にする魚も多く含まれていますね。

 

妊娠中・妊活中の方へ

最初に書きましたが、妊娠中に魚を食べることは、お腹の中の赤ちゃんにとってもメリットが大きいことです。なので、水銀による影響を恐れすぎて、魚を食べないということにはならないで欲しいと、栄養士として思います。厚生労働省からも、妊娠中の方向けに情報が出ていますが、「水銀含有量の多い魚を絶対に食べないで下さい」という内容のものではなく、「〇回くらいにしましょう」という内容です。水銀含有量の多い魚ばかりに偏って食べることに注意しつつ、魚は定期的に食べて欲しいということです。

また、日本での食品からの平均的な水銀の摂取量は、胎児への影響が心配される量ではないのが現状です。一般的な量の魚の摂取では、魚の水銀が原因で胎児に影響が出るとは考えにくいので安心して下さい。繰り返しになりますが、水銀含有量の多い魚を頻繁に食べないように注意しつつも、お腹の赤ちゃんのために魚は食べて欲しいと思います。

 

まとめ

最近、金目鯛の煮付けを作ることが多かったので、(予定はないですが)妊娠したら食べられなくなるのかな・・・?とか、調べる前は思っていました。ですが、頻度に気を付ければ食べても良いことが分かり、安心しました。

今回の内容は、厚生労働省のHPを参考に、私が妊婦だったら知りたいという部分をまとめました。もっと具体的に知りたい方は、参考文献のリンクから厚生労働省のHPを見てみて下さい。

繰り返しますが、妊娠中も魚を食べてね~!

 

 

〈参考〉

厚生労働省 ウェブサイト(2019/5/16閲覧)

魚介類に含まれる水銀について|厚生労働省

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」