栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物の話〜

栄養士かめ子です。スポーツ栄養士を目指して勉強中。

ブロッコリーの花蕾(からい)がバラバラにならない方法。

f:id:eiyoushikameko:20190515130536j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。写真はいつかのおかず。ブロッコリーは焼いて塩を振るだけでとても美味しく、食物繊維などの栄養も豊富なので、頻繁に使っている野菜です。

今日はブロッコリーを調理する時の話をします。

 

 

ブロッコリーの下処理で困ること

ブロッコリーって最初は大きな塊ですよね。そこから房ごとに切って使っていきます。ですが、特に周りの方は一つの房がとても大きい。房をさらにいくつかに切って、料理に使うことになります。

以前はこれがとても嫌でした。なぜなら、包丁で切ると、たくさん集まった蕾の部分(花蕾からい)がたくさん切り落とされて、バラバラになってしまうから。勿体無いし、まな板や包丁、手にくっついてイライラしていました。万能ねぎを切る時のストレスと一緒ですね。

eiyoushikameko.hatenablog.com

 

花蕾がバラバラにならない切り方

嫌だな〜と思っていたのですが、料理の経験を積むうちに、いつのまにか花蕾がバラバラにならない切り方に気付きました。この方法を習得してから、ブロッコリーを使うのが苦ではなくなりました。

その方法とは、「房ごとに分けた後、茎の部分にだけ切り込みを入れて、花蕾の部分は手で割く」という方法。つまり、バラバラになってしまう花蕾の部分には包丁を入れない!ということです。こんな感じ↓。

f:id:eiyoushikameko:20190517155736j:plain

こうすると、ツブツブの蕾の部分がビックリするくらい落ちません。

 

ブロッコリーは太い茎も食べよう!

ブロッコリーについて、もう一つ話したいことがあります。最近はだいぶ浸透してきたようにも思いますが、ブロッコリーで食べられるのは先端の花蕾の部分だけではありません。太い茎も食べられます。勿体無いし、美味しいので、是非食べて頂きたいです。

茎は周囲に硬い繊維が通っています。なので、皮を厚めに剥いて、花蕾と一緒に調理します。繊維が取り除けたかどうかは、色が違うので見た目で分かります。繊維があまり気にならないのであれば、そこまで神経質にならなくても良いと思います。

 

まとめ

以前、このブログでも書きましたが、ブロッコリーは栄養豊富で積極的に食べて欲しい野菜です。頻繁に使う為には、調理が面倒でないことはとても大切だと思います。今まで花蕾がバラバラになってイライラしてた方、是非一度やってみて下さい。

eiyoushikameko.hatenablog.com