栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

≪雑レシピ≫タコライス。

f:id:eiyoushikameko:20190519143204j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。最近、何度もSNSに投稿していましたが、タコライスのレシピを研究していました。先日、やっと満足いくものが出来たので、今後の自分が作る時のために、今日はそのレシピを残しておきたいと思います。

 

 

きっかけ

よく覚えていないんですが、多分、いつかのサッカー観戦の時にスタジアムで食べたのがきっかけだと思います。それで家でも作れないかと思ったのですが、なかなか良いレシピが見つからなくて。既存のレシピを見て作ってみたら、甘すぎてびっくりしたことがありました。それなら、自分で作ってやる!と思って、研究し始めました。

 

材料

早速ですが材料です。2人分です。

・ひき肉 150g

・玉ねぎ 100g

・トマト 好きなだけ(ミニトマトでも良い)

・レタス 好きなだけ(サニーレタスでもキャベツでも良い)

・シュレッドチーズ 好きなだけ(生食可のもの)

 

・ご飯  いつもの量

 

〈調味料〉

・トマトペースト 大さじ1

・醤油      小さじ1

ウスターソース 小さじ2

・チリパウダー  小さじ1/2

 

作り方

①玉ねぎは粗みじん切り、レタスは短冊状に、トマトはサイコロ状に切る。キャベツを使う場合は千切りにする。

②フライパンで玉ねぎを加熱。焦げ付く場合は分量外の油を入れる。弱火~中火。

③玉ねぎの表面が透明になったら、ひき肉追加。火が通るまで弱火~中火で加熱。

④ひき肉に火が通ったら、調味料を加える(一度火を止めても良い。)。

⑤調味料が全体になじむようによく混ぜながら弱火で加熱。全体になじみ、調味料の水分が少なくなったら火を止める。

⑥お皿に盛り付ける。ご飯→レタス→⑤→トマト→シュレッドチーズの順番。〈完成!〉

 

どうですか?結構簡単でしょ⁉

 

ポイント

・ひき肉はその時によって、合いびき肉や豚ひき肉を使っています。

・トマト・レタス・シュレッドチーズはお好みで量を調節して下さい。

・シュレッドチーズとは、最初の写真のような短冊状のチーズです。シュレッドチーズには「加熱用」と書いてあるものがあります。これはリステリア菌の感染を防ぐためです。生食するので加熱用の記載がないものを選んでください。リステリア菌についてはコチラ↓。

eiyoushikameko.hatenablog.com

・トマトペーストは私は、カゴメのを使っています。そうすると大さじ1が丁度1袋です。小袋6袋入りで、スーパーに売っています。これ↓。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カゴメ トマトペースト ミニパック(18g*6コ入5コセット)【カゴメ】
価格:827円(税込、送料別) (2019/5/20時点)

楽天で購入

 

・トマトペーストが無い場合はトマト缶でも代用できます。その場合は1/2缶(200g)を調味料と一緒に入れて、水分をしっかり飛ばして下さい。ですが私のお勧めはトマトペーストです!

・チリパウダーは、S&Bのを使っています。辛そうな名前ですが、この分量では全く辛くありません!むしろ、チリパウダーを入れないと美味しそうな香りが出ないので、辛いのが苦手な方も入れることをお勧めします。(ブレンドスパイスなので、商品によって配合が違います。他社のものは辛いのかもしれません。)

 

まとめ

このレシピのポイントは、トマトペーストかなと思っています。トマトの加工品は色々あります。トマト缶なども使って作ってみたのですが、トマトペーストがトマトのうま味が一番濃縮されており、美味しく感じました。以前、「うま味の相乗効果」の話をしましたが、この料理もグルタミン酸(トマト)×イノシン酸(肉)の相乗効果で美味しさがアップする料理ですね。

うま味の話、気になった方はコチラもご覧ください↓。

eiyoushikameko.hatenablog.com

eiyoushikameko.hatenablog.com