栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物とそのまわりの話〜

栄養士かめ子です。栄養学オタクの理系栄養士が、栄養学や食品の面白い話をするブログ。たまに、美味しいものの話。

なすに栄養が無いというのは本当か?

f:id:eiyoushikameko:20190613155226j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。なすが好きで、よく食べています。小さい頃は嫌いだった野菜なので、大人になってこんなに好きになるとは・・・、子供の頃の私が知ったら驚くと思います。

そんななすですが、「ほとんど水分で栄養が無い!」という話を聞くことがあります。よく食べる身としては大きな問題です。食品成分表で確認してみることにしました。

 

 

食品成分表で調べてみた

本当になすは、ほとんど水分で栄養が無いのか、食品成分表で色んな野菜と比べてみました。具体的には、

・小松菜

・人参

・白菜

・玉ねぎ

・大根

・トマト

・ピーマン

・きゅうり

比べる野菜の種類が多いほうが良いと思ったので、この様に満遍なく色んな野菜を集めました。数値を書くとキリがないので、それは止めておきます。

 

比べた結果わかったこと

まず、水分が多いという話についてですが、なすの水分は93.2g/100gでした。ですが、これくらいの水分含有量の野菜は沢山あります。水分が特別多い野菜だとは思いませんでした。

栄養が無いという話については、確かに突出して多く含む栄養成分はありませんし、緑黄色野菜でもありません。ですが、今回比べた野菜たちの一般的な値より、特別劣っている栄養素もないと感じました。

このことから、なすに栄養が無いなんてことはない!と言えると思います。

 

その他

食品成分表で確認できる栄養成分には含まれませんが、なすの皮には「ナスニン」というアントシアニン系の成分が含まれます。これは機能性があると言われているポリフェノールの一種です。

 

調理する時に注意したいこと

ここまで、なすは突出して栄養価が高い訳ではないが、栄養が無い訳でもないことを説明しました。含まれる成分を効率的に摂取するためにはどうしたら良いか、考えてみました。

〈水さらししない〉

私はしませんが、あく抜きのために調理前に水にさらすことがあるようです。そうすると、水溶性ビタミンやカリウムが水に溶け出してしまいます。変色や味が気ならない場合は、水さらしせずに使ってよいと思います。

〈皮を剥かない〉

見栄えのためや、色が悪くなるのが気になるため、皮を剥くことがあります。ですが、前述のナスニンはなすの皮の紫色の部分に含まれます。勿体ないですし、家庭料理では、皮を剥かずに使っても良いのではないでしょうか。

 

まとめ

なすを良く食べるので、どんな栄養成分が含まれるのかと思い、軽い気持ちで調べてみたところ、栄養が無いという情報が沢山出てきてびっくりして、ブログに書くに至りました。ただ、なすに限らずどんな食品でも、栄養摂取のためだけに食べている訳ではありません。美味しく食べられて、いつの間にか栄養成分を摂取出来ているのが理想だと感じている私です。

 

eiyoushikameko.hatenablog.com

 

https://www.instagram.com/p/ByWxC75g_fu/

 

お昼ご飯はなすそうめん🍆油揚げがあると、もっと良かったんだけどな〜! #栄養士 #おうちごはん #おうちごはんlover #料理 #クッキング #自炊 #献立 #和食 #日本食 #手作り #手料理 #家庭料理 #日々の暮らし #日々の記録 #料理記録 #japanesefood #そうめん #そうめんアレンジ

 

〈参考〉

文部科学省 「日本食品標準成分表(七訂)」