アスリートをサポートする栄養士の日々。

スポーツ栄養士の日々の記録。

朝食をパンだけで済ませないで欲しい理由。

f:id:eiyoushikameko:20190806123507j:plain

こんばんは、栄養士のかめ子です。写真はいつか行ったファミレスのモーニング。ファミレスのモーニングってなんかワクワクしませんか?私だけ?今日は朝食の話をしようと思います。

 

 

朝ごはん

皆さんも「朝ごはんを食べましょう」という言葉を何度も聞いたことがあると思います。その理由は様々ですが、実際どんなものを食べていますか。和食の人や洋食の人、朝は食欲が無くて少ししか食べられない人、他にも色んな形態があると思います。今日は、その中の一つに注目したいと思います。 

 

朝ごはんはパンだけで済ませないで欲しい

朝ごはんにパンを食べるという方も多いと思います。その中には朝ごはんをパンのみで済ませている方もいるかと思います。

ですが、栄養士の私としては、そこに「タンパク源になるもの」を加えて欲しいと思っています。(もっと言うと野菜とか果物とか話が広がってしまうので、今日はタンパク質についてのみ話します。)

具体的に、パンに合うタンパク質の食品を挙げてみると、

・牛乳

・乳製品

・豆乳

・卵

・ハムやソーセージ

などが思いつきます。

1日に必要なタンパク質は、運動しない人で体重1kg当たり1g、プロスポーツ選手のように激しく運動する人で体重1kg当たり2gと言われています。この必要なタンパク質量を確保するために、朝食でもタンパク質を取り入れて欲しいことは、以前何処かで書いたかもしれません。

 

アミノ酸スコアの復習

ここで少し話が逸れますが、「アミノ酸スコア」の話をしたいと思います。アミノ酸スコアの説明は以前しました。

eiyoushikameko.hatenablog.com

eiyoushikameko.hatenablog.com

アミノ酸スコアとは、「食品のタンパク質の点数」です。必須アミノ酸のバランスが良いと点数が高くなり、スコアは100に近づきます。アミノ酸スコアが100の食品は、

・肉

・魚

・乳・乳製品

・卵

・大豆・大豆製品

などがあります。

 

朝ごはんにタンパク質を摂って欲しいもう一つの理由

アミノ酸スコアの復習をしました。ここにもう一つ、朝ごはんをパンだけで済ませないで欲しい理由が隠されています。

実は、植物性の食品の多くはアミノ酸スコアは比較的低く、小麦もアミノ酸スコアが低い食品です。そのため、パンを単体で食べても、せっかく摂ったタンパク質が効率的に体内で使用されません。

これを改善するためには、アミノ酸スコアが高い食品と組み合わせて食べることが大切です。

 

まとめ

朝食をパンだけで済ませないで欲しい理由、お分かりいただけたでしょうか。

今日は始めから終わりまで、朝ごはんにパンを食べることを前提に書いてきましたが、これはご飯でも同じことが言えます。梅のおにぎりだけで済ませているなら、おにぎりの具を肉や魚に変えたり、大豆たんぱく質が摂れる味噌汁を付けたりすると良いと思います。

今日は朝ごはんを食べている人向けのお話でした。朝ごはんが食べられないという方は、もっと簡単な食事内容から始めればよいと思います。こちらも読んでみて下さい↓。

eiyoushikameko.hatenablog.com

 

〈参考〉

江崎グリコ株式会社 ウェブサイト(2019/8/6閲覧)

cp.glico.jp