アスリートをサポートする栄養士の日々。

スポーツ栄養士の日々の記録。

本の感想「スポーツする人のためのリカバリーごはん」

こんばんは、スポーツ栄養を勉強中の栄養士のかめ子です。台風で天気が荒れており、交通機関の乱れにおろおろしている私です。

今日は最近読んだ本が面白かったので紹介したいと思います。川谷彰子氏監修の「スポーツする人のためのリカバリーごはん」という本です。

 

 

  

読んだきっかけ

雑誌「栄養と料理」などを発行している、女子栄養大学出版部から出版された本です。この出版社の本は栄養士にとって欠かせない情報が載っていることが多く、Twitterで新刊情報などチェックしています。それで、この本が発売されることを知りました。スポーツ栄養に興味があったので、タイトルだけ見て迷わず読もうと思いました

 

感想

まず、専門家向けというよりは、一般のスポーツする方向けの本です。かみ砕いて分かりやすく書かれており、現在スポーツをしておりこれから食事の管理も始めようという、初心者の方にもお勧めできる本だと感じました。運動後の筋肉がどうなっているか?どうしてこの栄養素が必要なのか?分かりやすく解説されていました。運動の目的や食事の目的別に、具体的な食材やレシピが紹介されており、パフォーマンスの向上や疲労の回復を早めるために参考になると思います。

また、最近のプロテインの流行りで、「運動後にはタンパク質」のイメージを持つ一般の方も多いと思います。ですが実際は、運動後の筋肉の回復にはタンパク質と共に糖質も必要です。このことについて分かりやすく説明されている点が良いと思いました。

本の途中で、スポーツと栄養補給に関する〇×クイズが何度か出てきます。これも説明された内容を理解できているかを確認するのに役立ち、楽しみながら学ぶことが出来ました。間違ったら恥ずかしいなと思いながら私も取り組んでみましたが、無事に全問正解することが出来ました。

そして、スポーツと栄養補給に関するよくある質問とその回答が沢山掲載されています。載っていた質問内容は本当によくあるもので、実際に疑問に感じたり、誤解をしている方が多いのではないかと感じる内容で、充実しています。スポーツをする一般の方や、スポーツキッズのご飯を作る保護者の方にも読んで欲しい内容だと感じました。

 

まとめ

一般のスポーツをする方は子供も含めて、知識が不十分な状態で、必要のないプロテインサプリメントに手を出していることがあると、感じます。プロテインサプリメントは特に理由が無ければ使用する必要が無く、食事を充実させることが大切だということを理解させてくれる一冊だと思います。

そして、スポーツ栄養を専門とする栄養士・管理栄養士やトレーナーの方などにも!既に知っている内容も多いと思いますが、説明がとても充実しており丁寧なので、現場でアスリートに説明する時に参考になる内容が盛りだくさんだと思います。

是非読んでみて下さい!