アスリートをサポートする栄養士の日々。

スポーツ栄養士の日々の記録。

旦那様がスペイン・バルセロナで美味しかったと言っていたもの。

f:id:eiyoushikameko:20190924120536j:plain

こんばんは、スポーツ栄養を勉強中の栄養士のかめ子です。連日、ラグビーとバレーボールの観戦に忙しい私です。更にもうすぐ世界陸上も始まる…!多忙です。

話は変わりまして、少し前ですが、旦那様がスペインのバルセロナに出張に行ってきました。その時に食べて、美味しかったと言っていたものの話をしたいと思います。

 

 

美味しかったもの

美味しかった食べ物の名前は、現地では分からなかったようです。でも、滞在中に何度か食べた、現地ではよく食べられている料理のようでした。

具体的にどんな食べ物だったかと言うと、

「スライスしたバケットの断面にトマトを擦り込んで、オリーブオイルをかけたもの」

だそうです。最初の写真の中央に写ってるやつ。

 

調べてみた

何という料理か調べてみました。すると、

「パン・コン・トマテ」

バルセロナがあるカタルーニャ地方の言葉で「パン・トマカ」

という名前が出てきました。

カタルーニャ地方で食べられている料理の様です。

トマトが削れてくれないといけないので、使うのは完熟トマト、パンの断面は硬い方が良さそうなのでトーストしても良いみたい。同時にニンニクも刷り込んでいる様です。そこに、塩とオリーブオイル!

 

自宅でも作ってみたい!

そんなに美味しいと言われたら私も食べてみたい!作り方はとても簡単だという事が分かったし、自宅で再現してみよう、と思いました。ですが、まだ、やっていません…。なぜなら、旦那様が現地で食べたクオリティを再現できるか不安だからです…。一人の時に何度か作ってみて、それから旦那様に食べてもらおうかな。

 

まとめ

とてもシンプルな料理なのに、現地で一番美味しかった!と言っており、私も興味津々です。作ったらまた、報告したいと思います。

旦那様のスペイン土産の話↓。

eiyoushikameko.hatenablog.com