栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物の話〜

栄養士かめ子です。スポーツ栄養士を目指して勉強中。

私が備蓄にオススメだと思った食品。

f:id:eiyoushikameko:20191014120726j:plain

こんばんは、スポーツ栄養を勉強中の栄養士のかめ子です。写真は、明治の「メイバランスミニカップ」という商品。ドラッグストアのシニア向けの商品の棚にあります。最近は、スーパーでも見かけることがあります。

先日、大きな台風が関東を直撃しました。今日は、栄養士の私が災害に備えての備蓄に良いのではないかと感じた食品を、いくつか紹介しようと思います。

 

 

紹介する備蓄食品の考え方

先日のブログに、台風前にカップラーメンを買いに走る人々の話を書きました。勿論、カップラーメンなどはあるとお腹を満たすのに便利ですが、ここでは加熱などの調理が必要ないものを紹介したいと思います。

また、災害は、

・予測できる災害(台風)

・予測できない災害(地震

に分けられると思いますが、どちらでも対応できる、普段から家にストックしておくと良さそうなものを紹介します。

 

牛乳・豆乳

普段店頭では、冷蔵されて売られていることが多い商品です。2Lの牛乳は冷蔵品が多いですが、200mLの飲みきりサイズの牛乳の中には、「常温保存可能品(LL牛乳)」と書かれているものがあります。このLL牛乳も冷蔵の牛乳の棚に一緒に並んでいます。

豆乳も同様です。色んな味があるキッコーマンの豆乳200mLも、実は常温保存可能品です。

非常時の食事は炭水化物に偏ることがありますが、牛乳や豆乳はタンパク質や一部のミネラルが摂取でき、役に立ちます。

 

缶詰

缶詰は、色々ありますね〜!どれも加熱不要なので食べやすいと思います。ツナ缶やサバ缶はタンパク源として良いですし、果物の缶詰もありますね。また、豆の水煮缶も有ると便利だと思います。最近はおつまみの缶詰が豊富ですね。ストックの中に変わり種があると、ちょっとホッとできるかも知れません。

 

常温で食べられるレトルト食品

カレーやパスタなどの常温保存のレトルト食品は、滅菌処理されているので、基本的に温めずに食べても問題ないです。ですが、油が固まっていたり、常温では美味しくないことが考えられます。

ですが、常温でも美味しく食べられるレトルトカレーが売っているのを見つけました。これをストックしておくと便利そうです。

 

栄養補助食品

健康な方にはあまり縁のない食品だと思います。有名で若い人にも馴染みがあるものは、カロリーメイトでしょうか。他にも最初の写真のメイバランスミニカップなど、五大栄養素が広く摂取出来る食品があります。

一晩だけならカップラーメンで凌ぐのもありですが、備蓄食品に頼る期間が長くなることを考えると、ビタミン・ミネラルを摂取出来る食品をストックしておいた方が良いと思います。

 

完全栄養食品

最近話題になっている、COMPなどの完全栄養食品です。普段からこれを食べて生活することは私はあまりお勧めしませんが、災害時には便利だと思います。ただ、完全栄養食品だけを食べていれば人体に必要な栄養素が全て摂れる訳ではありません。他の食品と併せて備蓄して下さい。

 

まとめ

今回の台風での被害状況を見て、胸を痛めています。これを忘れないうちに、次のいつ来るか分からない災害に備えて、備蓄をして欲しいと思います。

最後にもう一つ・・・、台風の一日を凌ぐには汲み置きの水があれば十分だと書きました。ですが、予測出来ない災害や、台風でも大きな被害を受けた場合にはペットボトルの水の備蓄は有効です。次の台風が来る直前に買い足すのではなく、早めに買ってストックしておいて下さいね!

 

 

〈参考〉

ハウス食品株式会社ウェブサイト(2019/10/15閲覧)

housefoods.jp