アスリートをサポートする栄養士の日々。

スポーツ栄養士の日々の記録。

地元のスポーツに関わりたい、という話。

f:id:eiyoushikameko:20191126174748j:plain

こんばんは、スポーツ栄養士のかめ子です。先日おんせん県(=大分県)の実家に帰省した時の写真。スポーツ観戦に行きました。実家を離れて10年以上ですが、時間が経過するにつれて地元愛も強くなり、今でも地元のスポーツチームを応援している私です。

ちなみにスポーツ栄養士になろうと思ったのは、全く違う理由です。栄養士になった頃は、スポーツの道に進むとは思ってもいませんでした。

 

ブログ・SNSで、自分のスポーツ栄養士としての目標を「大分のスポーツに栄養士として関わること」と書いています。今日はその理由を書きたいと思います。SNSでは書ききれないので・・・。

 

野球やサッカーが大好きでTVもスポーツばかり観る人と結婚してしまったので、スポーツの話題に触れない日はありません。

そんな私がつい気になるのは、どんな競技を見ていても大分出身の選手でした。知らなかった選手でも出身が大分だと知ると一瞬でファンになってしまうし、甲子園でも高校サッカーでも、気になるのは大分のチームです。

そして大分の選手・チームが活躍すると、とても元気を貰い「私も頑張ろう〜!」という気持ちになるのです。たった今も、プロ野球西武の源田選手がベストナインに選ばれて、喜んでいたところです。

どんなスポーツ栄養士になりたいか?考えていた時期に、ふと、「大分の選手・チームの活躍に勇気づけられているのは私だけではないのではないか?」と気づきました。地元を離れて暮らしている大分出身の方は沢山います。私と同じ思いで、故郷の選手の活躍を見て勇気づけられている方は多いのではないか?と思いました。

大分出身ではなくても、故郷を離れて生活している方には、私の気持ちが分かって頂けるのではないでしょうか・・・。

 

現在、大分出身で活躍するスポーツ選手は沢山いますし、大分のチームも盛り上がっています。それで今後も、故郷を離れた大分出身者の為に、この活躍が続いてほしい・・・!と思いました。その為には、大分の、今はジュニア世代のアスリートたちに育って頂かないといけないのです。偶然私はスポーツに関わる立場にいるので、それならいつかは大分のスポーツに栄養士として関わりたい、と思うようになりました。

 

これが、私がスポーツ栄養士として定めた目標の裏側です・・・。

 

ただ、大分のスポーツのファンであると同時に、日本のスポーツのファンでもあります。日本全体のアスリートの為に、栄養士として出来ることをやっていきたいと思っています。普段は関東にいますしね!

つまり、出身地・所属チームに関わらず、ご要望に応えられると判断すれば、どんなアスリートでも全力でサポートさせて頂きます!

最近、若いアスリートのサポートが始まりましたが、前向きな姿勢・夢に向かって努力する姿は輝いており、こちらも元気になります。

今後も、こちらはサポートする側ですが、周りを元気にしてくれる、キラキラしたアスリートに出会えたら良いな・・・と思っています。