アスリートをサポートする栄養士の日々。

スポーツ栄養士の日々の記録。

鍋の素を使うときのポイント・・・!①

f:id:eiyoushikameko:20191128155406j:plain

こんばんは、スポーツ栄養士のかめ子です。ここ数日、一気に寒くなり、日に日に厚着になって行く私です。明日はもっと寒いって、今TVで言ったぞ・・・(恐)!寒い季節に食べたくなる食べ物といえば、鍋ですよね・・・!

今日は鍋の話をしたいと思います。

 

最近、色んな味の鍋の素が1人前ずつ個別包装された状態で売っていますよね・・・?あれ、とっても便利ですよね。私が実家を出て一人暮らしを始めた約10年前には4〜5人用の液体の鍋のスープしか売っていなかったので、個別包装されたものの便利さを感じています。毎回違う味を選べる楽しさもあり、2人暮らしの我が家でも重宝しています。

ですが、少し気になることがあります。それは「食塩相当量が多い傾向のものが多いこと」です。

鍋って、最後にシメのうどんやごはんを入れて、スープを全て飲んでしまうことが多いと思います。では、飲まずに残せば良いかと言うと、食材の栄養が溶け出したスープなので、残さず食べて欲しい気持ちもあります。

私がお勧めする方法は、1個1人前と考えずに、2人で1個、3人で2個・・・と、鍋の素を人数より少なめに使うことです。因みに、先日、旦那様と2人で鍋をした時には四角いキューブのものを使いましたが、1キューブでシメのご飯まで食べて、丁度良い味の濃さで、2人ともお腹いっぱいになりました!

 

みんなで食べる鍋は楽しいくて美味しいですよね。簡単で野菜やタンパク源が沢山食べられるので、栄養士としてもお勧めしたいです。鍋の季節、存分に楽しんで下さいね!

https://www.instagram.com/p/B5UoiwuAdf8/

いつかのおかず。・料理経験のないアスリートでも作りやすいごはんの例として、「鍋」があります。タンパク源となる食材と野菜をしっかり摂取でき、これとお米🍚だけで食事が成り立ちます。最近は一人分ずつ個別包装になった鍋の素が売られており、一人暮らしでも取り入れやすく、味のバリエーションが豊富なのもメリットです。個別包装の鍋の素は1個=1人前と分かりやすいですが、1個当たりの食塩相当量が多く、汁まで飲みきるなら注意が必要な場合があります⚠️先日、旦那様と2人で鍋をした時には、鍋の素1個(=1人前)で作ったものを2人で食べて(シメの雑炊まで)、美味しく、お腹いっぱいになりました👀❗️便利な鍋の素ですが、使う際には食塩相当量をチェックしてみて下さいね‼️・#栄養士 #おうちごはん #おうちごはんlover #料理 #クッキング #自炊 #献立 #手作り #手料理 #家庭料理 #日々の暮らし #日々の記録 #料理記録 #鍋 #ポーチドエッグ #アスリート #ジュニアアスリート #部活 #クラブチーム #アスリートフード #athletefood #アスリート飯 #アスリートごはん #スポーツ栄養 #スポーツ栄養士