栄養士かめ子のブログ。 〜栄養学と食べ物の話〜

アスリートの食事をサポート中の、スポーツ栄養士のブログです。

〈スポーツ栄養士になりたい学生さん向け〉スポーツ栄養士にあると役に立つスキルの一つ。

f:id:eiyoushikameko:20191129050014j:plain

こんばんは。アスリートの食事をサポート中!スポーツ栄養士のかめ子です。最近、スポーツ栄養の勉強会に参加したり、個人的にスポーツ栄養士さんとお会いする機会が多くあります。また、スポーツ栄養士を志す栄養士養成校の学生さんとご一緒する機会も多いです。

その中でよく話題に出てくる、「スポーツ栄養士が持っていると役に立つスキル」の一つについて、今日はお話ししたいと思います。

 

「スポーツ栄養士が持っていると役に立つスキル」は色々あると思います。その中で、何人ものスポーツ栄養士さんと話していて度々出てくるものがあります。それは、「大量調理の経験」です。つまり、病院・施設等で給食を提供する仕事の経験です。

セミナー等に出席すると、学生さんが結構多くてビックリします。卒業と同時にスポーツ栄養士になる事を志している方が多いのかな?と思いました。私は20代後半になってからスポーツ栄養の世界に入り、もっと早くから動いていれば・・・!という気持ちや、経験を積んでいくことを考えると、出来るだけ若いうちからスポーツ栄養士として経験を積んでいくのはとても良いことだと思います。ですが同時に、数年給食の経験を積んでからスポーツ栄養士になっても、給食業務で得たスキルは重宝されると感じています。

数人分の家庭料理と、何十人・何百人の大量調理では考え方が全く違います。このことは、養成校の学生さんなら皆学んでいると思います。

パーソナルサポートなら家庭料理に近いですが、チームをサポートし、食事を提供するとなると、これは大量調理です。大量調理が出来ると、スポーツ栄養士としても仕事の幅が広がると感じています。

 

どんな進路を辿るかは色々な選択肢があると思います。今日書いた内容、スポーツ栄養士さんと話していて、本当に何度も何度も話題に出てきます。

進路の一つとして、まずは大量調理の経験を積むというのもある・・・!ということを、頭の片隅に置いておくと良いと思います!