アスリートをサポートする栄養士の日々。

スポーツ栄養士の日々の記録。

アスリートに食べて欲しい果物。

f:id:eiyoushikameko:20191204185517j:plain

こんばんは。アスリートの食事をサポート中!スポーツ栄養士のかめ子です。柿ヨーグルトか好きで毎朝食べていますが、そろそろシーズンも終わりかな・・・と感じています。最近は、くるみを入れて食感を足して食べることが多いです。柿ですが、アスリートに食べて欲しい果物の一つです。今日は、「アスリートに食べて欲しい果物」の話をしたいと思います。

 

 

アスリートの食事の基本

「アスリートにとってバランスの良い食事とは・・・?」という疑問をお持ちの方も多いと思います。この疑問に対する答えは簡単に言うと、「主食、主菜、副菜、牛乳・乳製品、果物」を揃えることです(牛乳・乳製品と果物を食べる頻度は年齢や競技など条件によって様々・・・)。

ただ、勿論、揃えれば何でも良いと言う事ではなく、主食・主菜・副菜・牛乳乳製品・果物、それぞれ、食品選びのポイントがあると思っています、

このポイントも、そのアスリートの競技や目指す体格などによって様々です。

 

アスリートに食べて欲しい果物

果物にも勿論ポイントがあります。果物は糖質が含まれる為エネルギー源になる他、ビタミン・ミネラルも摂取出来ます。個人的には特に、ビタミンCの供給源として果物は大切だと思っています。

ですが、実は、ビタミンCが豊富な果物って意外と限られているんです・・・。この話は以前も書きました。

eiyoushikameko.hatenablog.com

だから、果物な何でも良いという訳ではなく、私の意見としてはビタミンCを意識して選んで欲しいと思っています。具体的にお勧めの果物は、

・柿

・柑橘

・いちご

キウイフルーツ

などです。

結構限定されるんですよね・・・。

 

まとめ

秋から春の時期は、柿〜柑橘〜いちごのリレーで旬の果物にビタミンCが豊富なので、アスリートの方には取り入れて欲しいです。また、グレープフルーツやキウイフルーツは通年手に入るので便利ですね。

今回挙げた果物が全てではなく、運動後の捕食にはバナナがお勧め!など、他にも果物の取り入れ方は様々です。今日の内容は一例として考えてみて下さい。

 

 

〈参考〉

鈴木志保子「理論と実践 スポーツ栄養」(2019)