アスリートをサポートする栄養士の日々。

スポーツ栄養士の日々の記録。

不知火(しらぬい)と日向夏(ひゅうがなつ)のビタミンC。

f:id:eiyoushikameko:20191223174745j:plainこんばんは。アスリートの食事をサポート中!の栄養士のかめ子です。先日、実家に帰省&スポーツ栄養セミナーで、大分と宮崎に行ってきました。柑橘がいっぱい出回っている今ですが、実家では不知火(しらぬい)、宮崎では日向夏(ひゅうがなつ)という柑橘をゲットして帰ってきました。

 

アスリートの果物の摂取

普段、アスリートの食事サポートをしている私ですが、基本の食事として毎日果物を摂るようにアドバイスします。特にビタミンCが摂れるものを勧めますが、その中の一つが「柑橘」です。

eiyoushikameko.hatenablog.com

 

不知火と日向夏知名度

不知火と日向夏、九州で育った私にとっては馴染みのある柑橘の種類です。しかし、全国的にはどうなんだろう?とふと疑問に思いました。

それで旦那様に「日向ってどこか知ってる・・・?」と聞いてみたのですが、知らないとの回答。私にとってはビックリです。

話を戻しますが、全国的に知名度のある柑橘なら、食品成分表に掲載されているかもしれない!と思い、早速調べてみました。そうしたら・・・、両方載ってた~!ちょっとテンション上がりました。

 

不知火と日向夏のビタミンC

食品成分表に載っていることが分かったので、栄養素の含有量も調べてみることにしました。アスリートにはまとめて「柑橘!」と伝えてしまうので、ビタミンCの含有量を調べてみます。

薄皮無しの数値(砂じょう)はどちらも載っていたので、この数値を見ます。参考に、温州みかんについても調べてみました。

100g当たり ビタミンC
温州みかん 33mg
不知火 48mg
日向夏 21mg

この様な結果になりました。柑橘によってばらつきがありますが、大きな差はないことが分かりました。

不知火は薄皮あり(じょうのう)の値が載っていませんでした。ただ、グレープフルーツのように薄皮は固くなく、普通に食べてしまいました・・・。普通は食べないものなのかな?

 

まとめ

この時期、沢山の種類の柑橘がお店に並びます。色んな種類を食べ比べすると面白いですよね!

食品成分表は沢山の種類の柑橘が掲載されており、充実していました。気になる方は見てみて下さい。

 

〈参考〉

文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)」